ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

タグ:言葉 ( 1 ) タグの人気記事

こんなところでも「配慮」が・・・  

日本魚類学会は、「バカジャコ」「イザリウオ」など差別的な言葉を含んだ魚の標準和名を改名すると発表。見聞きした人を精神的に傷つけたり、不快感を与えたり、博物館や水族館など、現場での混乱回避が理由のようです。
今回の発表に関連してHP中のQ&Aの一つをご紹介。

Q. 改名したら差別はなくなるのか?
A. 今回の処置により差別がなくなるとは考えていません。
しかし、これを契機として広く人権に対する意識が高まるのであれば望外の喜びです。


学会に限らずこういった配慮は素晴らしいと思います。

「バカ」だの「アホ」だの言葉は、身の回りにあふれていて
いちいち目くじらをたてることも無く、あまり気にもとめない昨今ですが
直接言われると、障害児を育てる親としては・・・・ちょっと・・・です。
以前、仕事で10年以上お付き合いさせて頂いている初老の方に
殿の知的障害のことを話した際に 「馬鹿なのか?」と聞かれ 
どう答えていいものか、返答に困ったことがあります。

殿父自身も無意識に使っていたりする言葉が当事者や家族に向けられて発せられた時にも、差別感覚が生まれるのですね。
当事者の立場に立ってものを考えた時、この配慮がわかるのかな。
誰かが傷ついたり、誰かに誤解を与える言葉や表現が
少しずつ世の中から減っていくといいなぁ、と思います。



国連で採択された「障害者の権利条約」。 日本はどうする・・・?
関連記事
『障害者の権利条約:画期的、教育や就業差別を禁止 日本も批准検討、生活どう変わる』
毎日新聞 2007年2月3日 東京朝刊
[PR]
by kilala2001 | 2007-02-03 10:56 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(0)