ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

行ってきました 鹿県情研冬季研修会

昨日は、鹿県情緒障害教育研究会主催の冬季研修会に行ってきました。
a0020772_1134141.jpg

参加対象は学校の先生向けですが、教育学部の学生さん達や保護者など教師ではない方もチラホラみえられておりました。200名ほどの参加があったようです。

テーマは「応用行動分析の理論と実際」
講師は、肥後 祥治 (熊本大学教育学部障害児教育学科准教授)先生です。

うちの殿の子育てをするうえで、応用行動分析は必要不可欠と以前から思っていましたので研修会に参加出来てラッキーでした。
保護者の参加を応諾して頂いた主催者様に感謝です040.gif
しかし、今回の研修内容は先生だけじゃもったいない。保護者にも学生にも支援関係者にも聞かせたかった。
講師の先生から会場に向けていくつか問いかけられ、考える時間を与えたのち受講者から回答を得る内容もあったので、まったく受け身ではいられず座った席によってはマイクを向けられかねない緊張感が全体を引き締めた感じがして良かったです。


今回の研修で感じたこと。
応用行動分析などの種種の技法云々のまえに大切なことの自覚と自戒。
子どもの育ちに関わる人に必要な資質は先ずハート。
テクニックを活かすのは、そのハート
 053.gif

今回の眼から鱗。
それは肥後先生が言われた
「先生の困り感と子どもの困り感は違う」 の一言。

先生の困っていることは、”子どもへ指示が通らないこと”が主。
指示が通りさえすれば、問題は解決されたと思いやすい。
しかし、子どもの困り感が解決されていないことを見落としてしまいがち。

これって、先生だけじゃなく保護者にもそっくり当てはめられるのではないかと思われて、障害児育児におけるヒヤリハットの一言でした。008.gif
指示通りに子供が動いてくれるとなんの問題も感じません。だけど”上手くいっている”と思っている子どもの内面に改めて目を向けることが大事なんだとハッとさせられました。
[PR]
by kilala2001 | 2009-01-18 13:54 | 講演会見聞録 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://pochi.exblog.jp/tb/7825313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひこーきママ at 2009-01-18 17:47 x
殿父さま、お久しぶりでございます。
遅くなりましたが、今年もどうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m

「困り感」よく聞く言葉ですね。主人が定期購入(いや、最近はちっとばかし購読もしておられますが・・・笑)している、「実践障害児教育」にも良く出てきます。

子どもが何に困ってるのか。私も良く分からないことが多いです。
特にアルファが・・・(笑)

今年も殿君といっぱい遊べたらいいな!
宜しくね、殿君!!(*^_^*)

Commented by 殿父 at 2009-01-18 23:33 x
ひこーきママ様 
こんにちは。大変ごぶさたしております。
こちらこそ今年もよろしくお願いします m(__)m

”困り感”は「実践障害児教育」出版元の学研が商標登録しているらしいのですね。
とてもわかりやすくて伝わりやすい表現だな、と思います。
障害児教育の中だけでなく、広く子育ての世界で使用されるといいかも・・・

アルファ君、いよいよ来年度は中学生ですね。
意思疎通が難しい場合、子どもの内面を推測するしかありませんよねー。
うちの殿も会話が成立しないので状況から察することが殆どです。

ただ、明らかにわかる”困り”もあります
①たくさん、ご飯を食べさせてもらえない。
②たくさん、ビデオを見せてもらえない。
要求が叶わないと、怒ったり泣いたり不機嫌になったりします。



でもよく考えると、これは”困り”じゃないですね (^^ゞ
Commented by ひこーきママ at 2009-01-19 12:23 x
登録商標なんですか!?どうりで、良く出てくると思いました。
不勉強ですみません。(^_^;)

殿父さんに『お持ちの方』という言葉を教えてくださった、「あの方」に、以前、「問題行動」という言葉を使ったら叱られました。(>_<)

「『問題行動』って、専門用語みたいになってるけど、問題なのは、私ら支援する側の方でしょ。いちばん困ってるのは子どもなんだから!!私は『問題行動』って言わない。強いて言うとすれば、『困った行動』かな。」

以来、私も『困った行動』使わせて頂いてます。(笑)

殿くんも、アルファも、”黄金の学童期”あと一年になっちゃいましたねぇ。。。
うちは、バルンがいよいよです。考えると頭痛くなるので、あまり考えないようにしてますが・・・(笑)
Commented by 殿父 at 2009-01-19 22:44 x
ひこーきママ様
いらっしゃいませ。バルン君とアルファ君とを間違えてましたね。ごめんなさい。。

「あの方」なんて呼ぶと黒幕か、黄門様みたいな感じがしますね(^^)

講師の肥後先生も
「子どもたちの行動を”不適切(適応だったかな?)な行動なんて言ってはいけない。不適切と決めつけているのは私たちの方ではないか?」と大学の学生たちに言われているそうです。

たしかに、彼らの行動を”問題”と捉えること自体が障害の特性からくる彼らの困り感に寄り添っていない証拠になりますね。
殿父も理解、共感、勉強不足でした(TT) 
問題行動 改め 困苦行動 なんていかがでしょう。
ひこーきママ様のおかげでまたひとつポイントゲット出来ました.
ありがとうございます m(_ _)m
<< 最近、漠然と思うこと NEWS 『ユニクロ、3年連続... >>