ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

講演会ツアー ② 11/03

またまた行って来ました『発達障害者の身近な支援者養成事業』
( ほんとはツアー③の筈だったんだけど・・・  まぁそのぉ・・・ )

本日の講師は、岡山市平井保育園の保育士、小西淳子さん。
テーマは、「発達障害のある子の集団における保育の手だて」

小西さんと言えば、佐藤 曉先生と『発達障害のある子の保育の手だて』という本を共著で出されている方です。

a0020772_21404546.jpg会場横の通路には小西先生が保育の現場で実際に使用されてきた支援ツールの数々が展示されていました。
講座に参加された方々は、手にとって見入ったり写真を撮ったり。「うーん」と唸ったりしている方もおられました。
この支援ツールで肝心な事は、オーダーメード。伝わり、わかり、使える。その子にフィットしていることが大切。

で、今回も講演内容をチラリ。


追記 11/04
岡山市では未就学障害児の為の拠点保育園体制があるそうです。
障害者の福祉 > 4-10.保育 http://www.city.okayama.okayama.jp/hofuku/shougai/index.htm
どうやら療育機能を兼ね備えた保育園として考えられるのですが、公的に設置しているところが脱帽もんです!
当事者が居住地でお友達と共に育つ環境を市が保障する。
スバラシイ!
児童デイ → 拠点保育園 って関係になるのかな?

「発達障害児への支援は、全ての子供の支援につながる」

今回の【目から鱗】は
「当たり前に出来る子もしっかり認め誉める」  です。
うまく言えないけれど、見落としがちの配慮というか
兄弟児支援にもつながるのかな・・・



a0020772_17471823.jpg

a0020772_17474870.jpg

by kilala2001 | 2007-11-03 22:13 | 講演会見聞録
<< みかん狩り、初体験の殿でした。 今、伝えたいことは何ですかと尋ねると >>