ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

もしかしたら、本当に痛い思いをさせたのかもしれない・・・

昨日は殿の散髪に殿母が再チャレンジ。

涼しい午前中にトライしたものの湿度気温ともに高く、ジトジトベットリ。
褒美をちらつかせ数日前から説得し、P●Pで注意をそらす作戦を実行。
バリカンで刈り上げ始めるが、殿の機嫌がよかったのは最初の2、3分。
すぐに首まわりについた髪の毛を嫌がりだし,
「かみチョキチョキ、おしまい!」と半ベソになる。
殿母が「もうちょっとだから頑張って。」と励まし
バリカンをはさみに持ち替え、髪の毛をすき始めると
殿は「いたい、痛い。やめるー!たすけてー!」と大泣き。
涙と鼻水でグチャグチャの顔がさらに髪の毛だらけになる。
涙をこぼしながらヤメテと哀願する眼に、父らはキュンとなり続行不能。

床屋さんでは、わりと平気なのに自宅での散髪は・・・ むずかしい。
今回は”チョキチョキ”というハサミの音に対して反応が強かった。
髪の毛をひっぱってはいないから、やはり音に反応していると思われる。
これまでにハサミで怪我をした(痛い思いをした)経験はないと思う。
殿の独特な感性が、音と痛みを連結して捉えていたのかもしれない。
何をされているかわからない、ハサミの音はどんなに恐怖だったか・・・
ごめんね、殿 。



大きな鏡で自分の姿を見ながら散髪をやってみたらどうだろう?
でも散髪、やらせてくれるかな・・・
しばらくは、無理だろうなぁ・・・

[PR]
by kilala2001 | 2007-07-02 20:44 | 障害 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://pochi.exblog.jp/tb/5818040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fraukopa at 2007-07-07 02:59 x
こんにちは 我が家での散髪格闘シーン^_^; を思い出しました(苦笑)

うちの子は幼稚園時代は、私がチョキチョキしていたのですが。髪を少し手で持ち上げて切るのに(引っ張っていないのに) 大声で泣き喚いて、それはそれは大変でした(涙)ご近所から虐待だと思われていたかも・・・

14才になった今でも、床屋さんではバリカン=NO!です。すきバサミもイヤがります。 バリカンもすきバサミも ごくわずかですが髪を引っ張りますよね!? 感覚が鋭敏な頭部にハサミをあてられるのが恐怖!! なんでしょうね・・・。身を切られる思いなのかもしれませんね。

息子が9年近く通っている床屋のおじさんは、「スキバサミしないで!!  バリカン いや!!!」のわがままに 「ハイハイ」とニコニコしながら、ハサミ1本でみごとなスポーツ刈りをして下さいます。本当に感謝 m(__)m
です。(よそに引っ越せないなァ~)
Commented by 殿父 at 2007-07-08 00:52 x
fraukopa 様
こんにちは。今回は殿父も虐待に思われるのではないかと心配でした。
それくらい大騒ぎしてしまった散髪でした (^^ゞ
おっしゃるとおり、身を切られる思いかもしれないですね。

9年通っている床屋さんがあるんですか! すごい!
我が家はまだ2、3年です。
地域に資源を作っていくって大事ですよね。うちも頑張ります。
Commented by mari at 2007-08-06 14:03 x
殿クンの涙・・・・・殿父さんが続行不能になってしまう気持わかります。
優しい殿父さんなのですね。
私の夫なら、「痛くなんかないっ!!泣くなっ!!!!」と怒号が飛ぶでしょう(汗)

大好きなわが子なのに、その感性を同じように感じてやれないことがもどかしいです。
Commented by 殿父 at 2007-08-06 22:59 x
mari 様   いらっしゃい! 
けして、やさすぃー父親ではなくて、殿の涙に弱いだけの親父です。
10歳の男児が、それはもう幼子の様にベソ顔で泣くのです。勝てません

実は昨日、殿母が散髪しました。また最後は泣かれました。
鏡は有っても無くてもよかったみたいです。苦手の原因はハサミでした。
電気バリカンは平気なのにハサミに持ち替えると途端にアウトです。
音にくわえ、切れが悪く髪の毛を引っ張っていたのかもしれません。
いま、殿の頭は ギザギザです (^^ゞ
<< 田中康雄先生講演会のお知らせ 梅雨の最中のイベントにもかかわ... >>