ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

この指とまれ

今夕、学習会があり参加してきました。

参加者は、小中学校の先生達(特担にかかわらず)、地区担当の養護学校の先生、幼・保の保育士さん達、保健師さん、民生員さん、地域に住む県議さん、そしえ噂を聞きつけた地域外の小学校の先生や音楽療法士さんなど、じつにいろんな方々が集まっていました。(保護者は殿父だけかな?)

”よくもまあ、これだけの支援者側の人が集まったなぁ”と感心しました。
殿父の推測ですが、もしかしたら
支援者サイドにも学習の場が不足しているのかもしれません。
学びたくても、なかなか機会に恵まれない支援者がゴロゴロしているかも・・・
もしそうだとしたら、なんて モッタイナイ ことでしょう!

今日、殿父が参加した学習会もはじめは
地域内の幼稚園・保育園・小学校・中学校で支援にあたる人同士で一度顔を合わそうと、一人の先生が声を上げたのキッカケだったそうです。

そこで、支援者及び専門家の皆様、
「 この指とーまれ 」 って手を上げてみませんか。
近くに、同じ気持ちでいる人がいるかもしれませんよ。

障害児者が地域で生活していくには、その地域になにかしらの支援体制があると暮らしやすいと思います。
地域の中で見守られて育つというのはとってもいいですねぇ
by kilala2001 | 2006-03-03 23:58 | 地域の中で
<< 認定こども園 ちゃんと保障してほしいなぁ >>