ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

耳を澄ませば・・・

お盆休みも今日で終わりです。
遠い距離を帰省された方、ご苦労様です。

昼の日中に家に居ると、どこからか聞こえる子供の泣き声が気になります。
なんだか頻繁に泣いているような・・・  
2、3歳の子供が言葉にならない声で、ずっと泣きつづけています。
親が激しく叱責しているような感じではありませんが、でも少し気になります。

( ハイリスク母子? まさか虐待?)

想像するに、子育てに孤軍奮闘しているお母さんの姿が思い浮かびます。
しかし、泣き続ける声を耳にしていると ”虐待”という言葉が頭をよぎります。

( もしかしたら、どこかに通報しなきゃいけないケースなのかもしれない )


と思う反面、
もしそうじゃなかったら、頑張ってる母親を傷つけてしまうことになるかも。
懸命に子育てしている最中に、児相の職員やおまわりさんが突然来たら
母親はどう思うだろう?
《 誰かに通報された。 》 と思うのではないでしょうか。
予期せぬ訪問が、育児中の母親を追い詰めてしまわないか心配になります。

いざ通報しようと思っても、児相や警察、保健センターが適切なのかわかりません。
どこもなんだか育児中の母親にとっては敷居が高い気がします。
保健師さんが訪問しても居留守を使って、支援を拒否する例があると聞いたことがあります。
かといって、母親がいつまでも孤立するようでは安心できません。

相談できる相手や、リフレッシュ、レスパイトできる場所が母親にあるのだろうか?
母親を、子育て支援にどのようにつなげていったらいいのでしょうねぇ・・・(悩)
by kilala2001 | 2010-08-15 16:24 | 殿父・『思』
<< 鹿県療育センターのWebページ 今日の歯みがき >>