ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

祝 開所 県こども総合療育センター

ローカルねたです040.gif

本日、県こども総合療育センターが開所しました070.gif

地域支援にも注力するということで期待がたかまっています。

逆にいうと、それこそが最大の課題とも言えます。

鹿市では、障害児の小児リハが徐々に崩壊しつつあります。

H病院も小児から撤退しました。本家もキャパを超えており当てにはなりません。

持ちこたえているのは地方の病院だけ。

採算ベースに乗りにくい小児リハは、制度で手厚くしないと無くなってしまうかも。

各地で小児リハが根付くように県こども総合療育センターには頑張って欲しい!

(その為には、医師会やセラピストさん達の協力が不可欠ですが・・・)
[PR]
by kilala2001 | 2010-06-01 23:29 | ローカル地元話 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://pochi.exblog.jp/tb/10730645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-06-09 18:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fraukopa at 2010-06-09 21:34 x
殿父さま

総合療育センター これから 楽しみ♪ですね!

我が家の息子も高校生にして、いまだに医療機関との付き合いに苦戦してます。

「センター」は 掛かりつけ医として、気軽に利用できるのでしょうかね?

地域のドクターを、「この子達仕様」に慣れていってもらうのは
大変で

「障害児認定歯科医」とか、スペシャルな子に慣れていらしゃる先生でも 理解がなかったり、ミスがあったりします

去年 風邪の際 「うちの子は解熱剤でひきつけるんですが」
Dr,「大丈夫です!」

信じて飲ませたら。。。夜中に ドシン!バタン!の大音響!!
ひきつけていたのでした。。。

先日も、初めてかかる眼科医に 『この子には、発達障害がありまして・・・・』のメモをポケットに忍ばせて行き、

Drに お見せしようか?すまいか!?迷いながらの受診でした (汗)

スペシャルな子の受診は永遠に!? 難しい?
Commented by 殿父 at 2010-06-09 22:35 x
fraukopa さま

こんにちは。コメントありがとうございます。

県立総合療育センターはスタートしたばかりですから、なかなか順風満帆とはいかないのではないかと推測しています。
療育機能が中心ですから、かかりつけ医としての利用は想定していないと思われます。

医療にしても福祉にしても住んでいる地域の社会資源を当事側が開拓していくしかないのでしょうね。

「視覚支援」を取り入れている歯科医は多くなってるみたいですね。
障害に理解のあるDr の異動先まで追っかけて受診する方も珍しくないのではないでしょうか。

我が家もこれまでは小児科を受診していましたが中坊になってしまい、なんだかそぐわない感じがしていて新たな病院を模索しているところです。

医療における障害児支援の体制を整備する必要があると感じています。今度の県医師会の会長はI先生です。障害児支援にご尽力されてきた方でこれまでに県の各委員も歴任されておられました。ちょっと期待しています。
<< 『 光とともに・・・ 第15巻 』 運動会2010 終了 >>