ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

みえてきた 県療育センター

本日は鹿児島大学にてお勉強でした。
鹿児島ロータリークラブ主催、LD児教育支援講演会です。
『発達障害者の理解と支援』
a0020772_2129316.jpg

ロータリークラブ様、毎年ありがとうございます。

本日の講師が6月に開所する鹿県総合療育センター所長の外岡先生ということで、講演後の質疑応答はこれまでにないくらい活発なものでした。
保護者からは切迫感のある質問があったり、支援者側からはネットワークを求める声等があげられていました。





※ ↓ ここからは殿父の解釈ですので、正しくは報道発表などを参照されて下さい。

講演を聴講して、来月開所の県こども総合療育センターの輪郭が見えてきました。

まず、県療育センター(民間に『鹿児島子ども療育センター』という児童デイサービス施設があり、区別するため、当ブログでは『県療育センター』と呼びます)は、
大きく分けて” 直接支援 ” と ” 地域(療育)支援 ”の二本柱。

部門的には[ 診療 ] [ 療育 ] [ 地域支援 ] に分かれる。
児童総合相談センターの障害判定部門はこれまで通り残し、療育部門を県療育センターに移行し直接療育を再開する。また、児相内に設置されていた”発達障害者支援センター”を県療育センターの[地域支援部門]に移行する。

我が県の発達障害者支援センターの最大の特徴だった”診断”機能はその役割を県療育センターに移し有料の一般診療スタイルになる。
発達障害者支援センターは発達障害者支援法にのっとり支援を拡充強化する。
これら施設再編により、児相は急増する虐待問題を始めとした業務に再構築される。


県療育センター、現時点では、大まかな方向性や組織は決定しているものの、ガチっとした細かなことは未定で、運営しながら徐々に体制を整備していくみたいです。

セラピストも常駐し直接療育が再開されるようですが限定的と思われます。
障害のある子どもは、地域の中で共に育っていくべきで、地域の支援力がUPされることが何より望ましいのではないかと殿父は考えます。


県療育センターは、これまでは無かった総合的なセンターとして県の療育体制の中心的な役割を担う存在になって欲しいと思っています。
療育の施設間格差、地域間格差は無いほうがいいです。
ただでさえ、大変な療育。それを高度化レベルアップする義務を負った県療育センター
最初っからうまくいく気がしない・・・と思っているのは私だけ?
ま、当面は暖かく見守っていこうと思っています。(何様じゃ?>自分)008.gif
[PR]
by kilala2001 | 2010-05-16 23:26 | ローカル地元話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pochi.exblog.jp/tb/10629460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 殿の不調 気になった一言 5/6 >>