ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

0570-064-000

夕方、NHK第一放送 を聞いていました。
今日の『私も一言!夕方ニュース』は児童虐待についてでした。

4月20日 「どう防ぐ児童虐待死」


まったく知らなかったのだけれど、虐待のサインをキャッチしたら通報をする義務が国民にはあるらしい。
ということで児童虐待に関する相談や通告の窓口の1つ を紹介します。
児童相談所全国共通ダイヤル  0570-064-000


”虐待” かなり気になったので調べて見ました。

平成18年度 児童相談所における児童虐待相談対応件数等』によると

平成18年度に全国の児童相談所で対応した児童虐待相談対応件数は、37,323件で、統計を取り始めた平成2年度(1,101件)を1とした場合の 約34倍、児童虐待防止法施行前の平成11年度(11,631件)に比べ 約3倍強と、年々増加している。

平成18年度をみると
●虐待の内容では
身体的虐待   ネグレクト     性的虐待   心理的虐待
15,364    14,365        1,180        6,414
(41.2%)    (38.5%)       (3.1%)      (17.2%)
●身体的虐待の割合が減少傾向だが、ネグレクト、心理的虐待の割合は年々増加している。
●虐待相談の年齢構成別に見ると、小学生が14,467件(38.8%)、3歳~学齢前が9,334件(25.0%)となっている。学齢前児童の割合が減少傾向であるのに対し、小学生以上の割合は年々増加している。
●主たる虐待者は、実母が23,442件(62.8%)と最も多く、次いで実父の8,219件(22.0%)となっている。

電話で出演されていた 柏女 霊峰 淑徳大学教授の話によると
1年間(平成20年度だったかな?)で、虐待死する子どもは60人。
一週間にひとりの子どもが虐待により死亡している。
そして、心中を含めると二倍の120人の子どもが亡くなっているのだとか。

柏女教授はこうも言ってました。
3歳児健診などの定期健診を受けていない子どもはハイリスク
虐待の痕跡を知られたくないとか、うまく育てられていないなど健診を避ける理由はいろいろとある。

なんだか孤立し追い込まれる母の姿が浮かんでくるようでせつないです。
”優秀な母親であらねばならない”とか ”子どもをちゃんと育てなければならない”みたいに、母親がつねに評価されかねない風潮が強くなっているような気がします。
毎日がきつくなったらそんな”ネバレバ症候群”から避難しなければなりません。
子どもに障害があろうとなかろうと、母親のサポートって大事なんですよね。
育児サロン、子育て支援センターとか遊んで学んで相談できるスポットが身近にあれば、まったりゆっくりのびのびと子育てしやすくなるんでしょうね。
もちろん、父親の役割も大きい と思います

みょうに育児に自信を持つほうがヤバイのかもしれません。
親が右往左往するのって当たり前でしょうに。
でも、少し勉強して育児スキルを身につけたら、子どもを叩かずにすみます。
霧島市では 素敵な親支援を今年もやるそうです。
詳しくは、ひこーきファミリーのおうち を御覧下さい。 040.gif
[PR]
by kilala2001 | 2010-04-20 23:49 | メディア見聞録 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pochi.exblog.jp/tb/10457690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 行楽日和でしたー♪ ロータリークラブ主催講演会 5/16 >>