ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

やれやれ・・・

埼玉県白岡市の小学校で、授業中に4年生の男の子の顔を埼玉県杉戸町に住む伊東孝容疑者(54)が殴り、大けがをさせたとして、傷害の疑いで警察に逮捕されました。
ニュースによると、伊東容疑者は、今月12日の午後2時すぎ、特別支援学級の授業中に4年生の男の子の顔を数回殴り、あごの骨を折る大けがをさせたとして傷害の疑いが持たれています。

児童に暴行を加える時点で教員ではなく犯罪者です。
別の教員が見つけて事件が明らかになったことから推測するに、教員以前に社会人としても未熟かつ身勝手で、通常学級では使えないので支援学級の担任を任されていたのでは?
学校長はいったいどう説明するのでしょう?

うちの殿も低学年の時に担任に叩かれたことがあったようです。
思い出すと今でも苦々しく、また切ない気持ちが蘇ります。

謝って済む問題なのでしょうか?
怪我をした児童は肉体も心も傷を受け今後の生活も懸念されます。
こうなると各学校の経営とか運営の課題ではなく
もはや制度の欠陥と言えるのではないでしょうか。
こんなニュースを聞くたびにがっかりします。
懸命に対応されている他の先生方の顔に泥を塗る行為です。

幸いなことにうちは卒業してもお付き合いがある先生方がいます。
学校時代、ともに歩み寄り添って下さった方々です。
今後の特別支援教育界に不適切な教員が配置されないことを願います。

[PR]
by kilala2001 | 2016-10-16 21:51 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(0)