ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

切り抜き三昧

a0020772_1771642.jpg


うちの殿さま、今年になってから新聞の折り込みチラシを切り抜くことがマイブームです。
洗剤系の商品を中心に大真面目な顔でチョキチョキしています。
(ハサミの使い方もずいぶんと上手になりました)

なかでも LION 製品 は特にお気に入りです。
殿のベッドの枕もとには
香りつづくトップ」「ソフラン」「キレイキレイ」「泡のチカラ」が置いてあります。
殿にとっては大切な宝物みたいなものでしょうか016.gif

でも殿母にはちょっとした悩みになっています。
週末になると新聞に折り込みチラシがたくさん入ってきます。
うっかり寝過ごそうものなら、休日早起き少年の殿に先を越されます。
目覚めた頃には時すでに遅し。
床に広がるキリヌキ広告の残骸たち。
赤字経営の家計のやりくりするには底値検索のチラシが欠かせません。
あー それなのに、それなのに、なんてことをしてくれるの ・・
 007.gif
 



[PR]
by kilala2001 | 2009-06-20 18:01 | 殿のお気に入り | Trackback | Comments(2)

学校散策

今日は日曜参観。
殿の学校生活が垣間見れるんじゃないかと楽しみにしてました。

殿 : 「 ガッコウ、× (バツー)」

朝からご機嫌斜め殿でございます。
日曜日の朝はいつも 『 プリキュア 』 と 『 題名のない音楽会 』(正確には協賛している出光のCM)を見るのを楽しみにしているのですが、今日は参観日なのでテレビが見られず不機嫌全開です 。

特別支援学級に在籍している殿は、交流学級での朝の会に参加します。
4階にある教室に向かう途中の階段で、殿は同級生から声をかけられていました。
幼稚園の時からのクラスメートだったり、初めて見る子供だったり。
学校の中での子供たちと殿との日常の関係がうかがえた気がしました。

そうそう、殿父は学校が4階建てになっているのを今日初めて知りました
考えてみると、殿の通う学校のことをよく知りませんでした。
ってことで授業の邪魔にならないように学校を 散策してみました。
( 不審者に間違われないように、保護者用のネームもちゃんとつけましたよー!)

a0020772_1821774.jpg
 まずはトイレを廊下からパチリ。
 床のタイルには黄色の塗料で足型にペイントしてあります。
 スリッパが整列しています。
 見ていて気持ちがいいです。
 マナーの悪い大人達に見せたいものです。


a0020772_182462.jpg初めて学校の図書室に入りました。
ぐるーっと室内を一周したあと
「 あのー 『光とともに』 っておいてあります?」
司書の先生に聞いてみました。
先生が案内してくれた先の本棚にありました →
最新刊の14巻までそろっています!( やるねー

光とともに』 を読むのは女子児童が多いそうです。
子供たちが何かを感じてくれると素晴らしいな、と思います。

そして、授業参観はというと・・・
[PR]
by kilala2001 | 2009-06-07 18:49 | うちの殿様 | Trackback | Comments(0)

最近、お気に入りのラジオ番組です。

今日はタイミングが良く、NHKラジオ第一放送の「こころの相談 こどもの心」を聴けました。

電話相談の一人目は、アスペルガーと診断されている少女の母親から。
まだまだ理解や配慮の無い学校があるんだなぁ、とシミジミ感じました。

で、今日 うるっ ときたのが すぐあとの15:45からのコーナー「いのちをつなぐメッセージ」

鳥栖のすみれさんからのメッセージは ↓ こんな感じ(だったと思う)
友人とその娘さんの話。

小学三年生から養護(特別支援)学校に移ったAのところに、仲の良かったお友達がやってきて言いました。
「もうAちゃんとは遊ばない。
   Aちゃんと遊ぶと馬鹿が移るってお母さんに言われたから。」

そのお友達を 「またねー」 と見送るAちゃんを母親は悲しく思った。

半年後、授業参観でAちゃんは作文を披露した。
「友達が私を馬鹿だと言った。
 私はそれを聞いたママが可哀そうでした。
 私が馬鹿だからママが悲しみました。
 私のママはきれいでやさしい人です。
 ママを悲しませないで下さい。」


友人はそれを境に強い母親になることを決めました (続く)




殿父は
なんてやさしい娘さんだろう。
そして、なんて悲しい出来事だろう。
そう思いました。
障害を理由に、子供や家族が傷つく世の中がいつまで続くのでしょう。
『 光とともに 』の1巻で、萌ちゃんのママが実母の阻害体験をきっかけに、自分の発した酷い言葉に自ら傷つき、変わっていくシーンに心をうたれました。
現代は優しさが育ちにくい時代なのかもしれません。
だけどどんな子供にもたくさんの優しさは最初っから詰まっていると信じたい。
そばにいる大人が、どう教えるか、どう添うか、どう生きるか、が大切な気がします。


つながるラジオ 「いのちをつなぐメッセージ」
毎週木曜日の午後3時45分頃 NHKラジオ第一放送 5分くらい?
 



追記 2009/06/07
紹介したメッセージがUPされました。 こちら をクリック。
[PR]
by kilala2001 | 2009-06-04 23:46 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(0)