ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「第20回日本自閉症協会全国大会inくまもと」

(社)日本自閉症協会の全国大会がお隣、熊本で開催されます。
メインテーマ
『啓発と支援 ~日本はひとつ、自閉症はひとつ~』

開催目的
1) 自閉症スペクトラムの理解と啓発の推進
2) きょうだい・家族への支援と援助体制の確立
3) 医療・教育・福祉の拡充と、自閉症児者に関わる専門家研修の充実
4) 自閉症児者が地域で社会生活ができる支援体制と生活保障の強化


開催日は 平成20年7月19日(土)・20日(日)

申し込み先の近畿日本ツーリスト熊本支店から案内書を送付してもらえます。
所定の用紙で5月30日(金)?までに郵送(要控え)かFAXで申し込みます。
すると、6月20日頃までに参加券と請求書が申込代表者に届きます。
そして7月4日までに指定口座に代金を振り込みます(振込手数料は各自負担)。

詳細は、熊本県自閉症協会のHP(http://autism-kumamoto.stepserver.jp/start.php?banner=1)を御覧下さい。





全国大会二日目 分科会4 (熊本市民会館 大会議室 7月20日(日) 13:30~16:15)の座長の明石 洋子大先輩の記事がクロワッサン731号 P5に掲載されていました。
現在はwebでも閲覧可能です。

こちら( magazineworld tokyo japan )のページから
クロワッサン ⇒ あなたに伝えたい ⇒ 194 と進めば OK!070.gif
[PR]
by kilala2001 | 2008-04-27 10:45 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(10)

オンライン試写会 300名

オンライン試写会情報です。


『 音符と昆布 』 http://streaming.yahoo.co.jp/lot/movie/onkon/index.html

抽選概要
応募条件:Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

当選人数:300名様

実施期間:4月21日(月)0:00ごろ~4月27日(日)23:59ごろ
※ 開始・終了時間は予告なしに多少変動する可能性があります。ご了承ください。

映画「音符と昆布」公式サイト(外部サイト)
http://www.onkon.jp/
井上春生監督のサイト  http://www.hug-machine.com/
予告編 http://www.youtube.com/watch?v=iA1iBGhn-bQ


あらすじ: それまで一人っ子だと信じてきたもも(市川由衣)の前に、突然姉と名乗る女性かりん(池脇千鶴)が現れる。海外出張中の作曲家の父(宇崎竜童)に問い合わせたところ、確かに彼女は自分の実の姉だという。かりんは自閉症の1つのタイプである“アスペルガー症候群”で、姉妹は意思の疎通ができないまま共同生活を始める。(シネマトゥデイ)
[PR]
by kilala2001 | 2008-04-20 07:54 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(0)

花粉もピークは過ぎたような気がします。

出生前診断で胎児に障害や病気があるとわかったら
生みますか?それとも生むの止めますか?


なんて書き出したのは
地元の新聞の「いのちのコンパス」という連載が気になっているから。
( 他のメディアでも連載されているのかな? )

連載記事の中に
「わたし、障害がある子を育てるの?」 とか
「障害がある子が生まれたらわたしには育てられん」の文字が見える。

あの赤ちゃんポ●トにも、障害児が預けられていたらしい。

              ★

殿父が言えることは、障害が判った時は動揺したけれど
誕生の時から今もずっと、殿が居てくれて良かったってこと。

どんな子どもでも、かけがえのない存在として生をうけたはず。
障害の有無に関わらず、授かった我が子を育てると言うことは
その親自身がどう生きているのか、ということと同義ではないだろうか。
[PR]
by kilala2001 | 2008-04-16 23:45 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(2)

START 2008年度

今週から新年度が始まり、殿は5年生です。
特別支援教育制度も2年目に入りました。
いっそうの充実を期待したりなんかして・・・

「さあ、今年も1から学校との関係作りを始めるか!」と意気込んでいたら
昨年度の担任が続投と判明。  なんだか拍子抜けです015.gif

でも、よくよく考えてみると” 1から始める ”と意気込んだ殿父がアホでした。
担任が変わろうが変わるまいが、教育的なニーズを持つ児童生徒に関しては、例え年度が変わろうとも必要な事項は途切れることなく引き継がれ、ぶれることのない適切な支援がなされる筈です。
なーんて素晴らしいんだ! " 特別支援教育制度 "

今更だけど、肝心なのは前年度の三学期の終わり方。
おわり」 じゃなくて 「つづく」 で年度を締めくくれたか?ってことかな。

新年度だけど、前年度から続いているんだー!」
環境は変わっても軸(核)はかわっていないんだー!
そんな風に思えるってことで保護者は安心出来るんだよねぇ。

子育て支援で(特別な)育児の安心が声高に言われているけど
保護者は安心を求めるばかりじゃイカンと思う。
先生だって多かれ少なかれ不安を抱えているはず。
最初から信頼関係がないのは当たり前じゃあーりませんか。
でも出来ることなら、学校や先生と二人三脚でやってけたらいいよね。
我が家は今年度もフレンドリーシップを発揮したいと思ってます。
殿のために。
[PR]
by kilala2001 | 2008-04-08 21:56 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(0)

おさんぽいってもいいよぉ~

当地では、あちこちで 桜が 満開です!
杉花粉も下火になりつつあるような気がします。

さて、当ブログでは 『 ぼくうみ 』 映画化を応援しています。
このたび、原作者のレインボーおやじ さんが (制作費捻出の為?)本を出版されました。

a0020772_5475933.jpg『 おさんぽいってもいいよぉ~ 』
-自閉症児ヒロキと歩んだ十五年-

    ぶどう社刊 定価1365円(税込み)

映画完成のためにも、本の購入のご協力をお願いいたします。

発売日は4月7日です!

お近くのお知り合いにご紹介頂けると、ひいては自閉症の理解につながる!(かもしれません)
001.gif

関連ページ
ブログ:「おさんぽいってもいいよぉ。(^-^)」

書籍の注文フォーム:http://2941.sub.jp/cgi-bin/book/e_shop.cgi
[PR]
by kilala2001 | 2008-04-04 06:18 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(0)