ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おつかれさま 2006年

今年も殿は「やきにくーっ」と叫んでいた一年でした。
偏食は相変わらずで、色合いや匂いにこだわりはあるものの
いろんなものを少しずつ、口にするようになりました。

a0020772_20312884.jpg殿の今年のマイブームは
   「豚みそ
実は殿父の、めしの友 でもあります。
おにぎりの具としてもオススメです。

殿は、夕食の準備をするふりをして冷蔵庫からこの「豚みそ」をとりだし
親の目を盗んで、ペロペロと舐めては殿母に怒られています(笑)
 (鹿児島県名産と表示されてるけど、他県にはないのかな?)
食べられるものが増えていくのはありがたいのだけど
出来れば、野菜とかも食べられるようになってほしいなぁ・・・

そうそう、殿のこれ以上の肥満を抑制するために 
先日から、エアロバイクに殿はチャレンジしています。
連日、100kcal のエネルギーを消費しています!
殿父のダイエットの為に購入したエアロバイクで!



はやいもので今年も終わろうとしています。
今年出会えた皆様にお礼申し上げます。
おかげさまで、良い一年になりました。
支えていただいて感謝いたしております。
ありがとうございます。
では皆様、よいお年を!        
                        殿父(とのちち)

[PR]
by kilala2001 | 2006-12-30 21:05 | うちの殿様 | Trackback | Comments(0)

IEPセミナー聴講

鹿児島大学で行われたセミナーに参加しました。

『発達障害児への個別指導計画(IEP)を考える』 第2回
     ~アメリカでのIEP実践とのつきあいを通して~

a0020772_21344076.jpg
講師はカリフォルニア在住の久保由美さん。

久保さんのブログ
「自閉症児 渡の宝箱」 
http://d.hatena.ne.jp/kuboyumi/



当地での久保さんのセミナーは今回で二回目。
前回は聞き逃しましたが、米国のIEPに触れる機会とあって楽しみでした。
会場のホワイトボードにはなにやら意味深げな数値が書かれていました。
これは、父親の年齢別、自閉症児出生率とのこと。
この数値はイスラエルで調査され多くの国で公表されているらしい。

今回のIEPセミナーを通して感じたことは、日本とかなり事情が違っており
障害児者のサポートシステムが細かく配慮されていることに気づかされる。
法に守られているからこそ、制度も発達も保障されているのではないか?
訴訟社会のアメリカだからこそ成しえたのだろうか?という疑問がわく。

セミナーのあとの交流会で久保さんが教えてくれたことは
必要な法も制度も、我が子の為に親が戦い、勝ち取ってきたもの。
アメリカだろうが日本だろうが、出来る出来ないは関係ない。
愚痴るのは誰にでも出来る。何もしないことは、育児の責任放棄。
ラインアップ、あとに続く子供達や親のことを考えてみよう。
ひとりでも始められる。


今回、久保さんの話を聞いて、いい刺激をもらいました。
遠い異国のお話ではなくて、何年か先の日本の話になるといいなぁ・・・

久保さん、そして企画して頂いたH先生ありがとうございました。
[PR]
by kilala2001 | 2006-12-23 22:07 | 講演会見聞録 | Trackback | Comments(0)

キャンペーンポスター ②

 「自閉症」理解と支援のキャンペーンポスターを貼って頂いております。
a0020772_2218781.jpg
殿父もお世話になっている、

かごしま子ども発達相談支援センター
 
場所はこちらになります。


ポスター掲示、そして自閉症啓発活動へのご協力ありがとうございます。

「かごしま子ども発達相談支援センター」の事業主である ゆうかり さんが
この春から、市南部で保育園を始めるようです。
現在、建築中!(設計? 無有建築工房 )
社会福祉法人 ゆうかり http://www2.synapse.ne.jp/yuukari/

障害のある子もない子も普通に受け入れたりするのかな・・・ 
福祉老舗のゆうかりさんがどんな保育園をするのか興味津々。
[PR]
by kilala2001 | 2006-12-14 22:52 | 理解・啓発 | Trackback | Comments(0)

衆議院TV ビデオライブラリ

衆議院TV ビデオライブラリ
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

お時間のある方は是非、御覧下さい。
(収録時間は、6時間28分になります)

さる12月 6日 に開かれた 厚生労働委員会の様子が閲覧出来ます。

説明する参考人の方々は
 中島隆信(参考人 慶應義塾大学商学部教授)  
 宮武秀信(参考人 世田谷区立知的障害者就労支援センター すきっぷ施設長)  
 戸枝陽基(参考人 社会福祉法人むそう理事長)  
 藤井克徳(参考人 日本障害者協議会常務理事)  
 尾上浩二(参考人 DPI(障害者インターナショナル)日本会議事務局長)  
 池添素(参考人 らく相談室主宰・障害乳幼児の療育に応益負担を持ち込ませない会事務局長)

今夏の鹿児島フォーラムでも活躍された戸枝氏、尾上氏らが参考人に名を連ねているんですねぇ~
来年2月、このお二人も参加される大規模なフォーラムがあるようです。

第1回アメニティ-・ネットワーク・フォーラム
    ~アメニティー・フォーラムを超えて~

岩手県障害福祉課で案内しています。
http://www.pref.iwate.jp/~hp0358/01oshirase/amenity_forum/amenity_forum.top.htm

こういったフォーラム等の活動があって初めて発言権が認められるのでしょうね。


( あっ こんなところに・・・  )

質疑される国会議員の方々はこちら
[PR]
by kilala2001 | 2006-12-09 02:02 | 殿父・メモ | Trackback | Comments(0)

キャンペーンポスター

a0020772_1616824.jpg

AC公共広告機構では「自閉症」理解と支援のキャンペーンを実施中です。

自閉症協会鹿児島県支部事務局さまから分けて頂いた
キャンペーン用のポスターを貼って頂いている所をご紹介します。

小さな絵本美術館 アルモニ 
鹿児島市卸本町5-32ファミリーマートオロシティー店2F
http://www.granpais.co.jp/harmonie/index.html

素敵な奥様が美味しいオーガニックコーヒー(350円)をいれてくれます

a0020772_2036345.jpg

[PR]
by kilala2001 | 2006-12-06 16:16 | 理解・啓発 | Trackback | Comments(2)