ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

どう理解したらいい? その子の生き様を知るってこと?

a0020772_22371112.jpg
『心からのごめんなさいへ』

一人ひとりの個性に合わせた教育を導入した少年院の挑戦


 品川裕香著  中央法規出版 ¥ 1,995 (税込)




学校の先生や支援者に読んで頂きたい一冊です。 是非!
LD指導の視点を導入した矯正教育の軌跡を描いた本です。
と言っても、発達障害と犯罪の関連性を書いた本ではありません。
むしろ
発達障害と犯罪の関連性の無さに着眼していると言えるかもしれません。
この本には、発達障害への深い理解があります。
”軽度発達障害児者 = 犯罪予備軍 ”という誤解を一掃してくれそうな気がします。

心にとまった事を少しだけ紹介。

P112 「大事なことは深い受容だ。言葉を受け止めるといった作業だけではこの深い受容にはならない。」

P113 「何が変わったって、自分が変わったんです。院生たちを理解する"新しい目”が自分の中に生まれた。」

P129 「もしかしたら自分は少年の姿など正しく理解してこなかったんじゃないのか・・・・・・」

P155 「この感動が次の指導につながっていくんですよ。」

P248 「やはり罪を犯してから、少年院に入ってからでは遅い。家庭や学校、地域が連携して、いかに一人ひとりのこどもを理解し、支援しようと努めるか。その努力が少年の健全育成への一歩に、そして加害者も被害者も出さない社会につながると考えます。」



我が子だろうが、よそ様の子だろうが、分け隔てなく愛情を持って、一人ひとりの育ちに向き合い寄り添うことの大切さを考えさせる本です。

世間ではイジメが再び問題視されています。本著でも「いじめ」はキーワードの一つになっています。著者の品川裕香氏は、『いじめ緊急アピール』を出した安倍首相の諮問機関「教育再生会議」の委員です。 とにかく期待したい。

P.S. 本の中に登場する小栗正幸氏が当地で来月講演されます。
親の会「てんがらもん」さんの発足10周年記念講演だそうです。
なんとも素晴らしい企画! ありがとう、 てんがらもん さん!
殿父はもちろん聞きに行きますよー!

*slow life* 『見方、感じ方』 
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-27 00:05 | 障害 | Trackback(1) | Comments(3)

正しく知ってもらうことが、理解の第一歩になるのかな。

昨年、教職員3人が殺傷された事件で、殺人と殺人未遂などの罪に問われた少年の判決公判が19日、大阪地裁であった。

ネットで新聞の論評等を要約してみると

Sankei Web  ■再犯防止へ「障害」理解を
『こうした事件は障害そのものではなく、障害に気づかない周囲からの孤立が背景にあるという。障害に対する適切な治療と周囲の理解があれば、防げたケースが多いはずだ。(中略)二度とこのような痛ましい事件が起きないためには、何が必要なのか。一連の事件が投げかけた問題提起を、今度こそ社会全体が重く受け止めねばならない。』

中国新聞 ■「厳罰化」に評価割れる
『 「障害そのものは犯罪と直接的に結びつくものではない」との前提に立ったうえで、厳罰を求める世論や、更生よりも償いを優先させるべきだとする遺族感情に配慮した。腐心の跡がうかがえる判決といえる。』 

山陽新聞ニュース ■療育的な処遇は大丈夫か
問題は、強制労働を主目的とした刑務所で、判決が期待したような再犯防止に結び付けられるかどうかだ。判決は発達障害に専門的な知識を持つ職員の配置など個別的処遇にも言及したが、成果を挙げられる体制整備が必要だ。

読売新聞 ■処罰と更生の両面に配慮した
 この事件は、教育現場に大きな衝撃を与えた。 「学校の安全」を守るため、様々な対策が講じられているが、ハード面の整備を着実に進める必要がある。 教職員と地域社会、警察との緊密な連携も欠かせない。


と、まあ こんな感じ。



たくさんの文字に埋もれてしまって
「発達障害は犯罪の原因ではない」 という肝心のポイントが、ぼやけてしまい多くの人にしっかりと伝わらないのではないだろうかと少し心配してしまう。


発達障害者支援法は「障害の理解」を理念の一つに持っている。
言葉や説明が足りない記事や、中途半端な「発達障害」という語句の引用で誤解を招くような記事の報道は避けてほしいと思う。
法を遵守し、くどいようでも障害理解の為に必ず徹底してほしい。

”厳罰化”はたしかに犯罪の抑止力になると思う。
しかし厳罰化の副作用もあるのではないだろうか。
飲酒運転が罰則強化され、ひき逃げが増えたように・・・

”厳罰化”が抑止力にならないとわかった時に
今の日本は、政治家は、有識者は、マスコミはどうするだろう・・・

きっと、狩りが始まる。
「どうせこいつら犯罪者予備軍だ!捕まえて隔離しろ!」 と
誤解されたまま理解も支援もされない発達障害者の狩りが始まる。

あってはならない、そんな不安が頭をよぎってしまう。
最近のマスメディアを見ていると、加害者や被害者の実名報道が物議を呼んでいて、マスコミが脱線暴走しているような気さえしてくる。世論をリードし形成していくポジションの業界がこんな感じだから、世間一般は言うまでもなく”右へならえ”だろう。
世の中が、片方へ片方へと傾いているような気がしてならない。

今、発達障害について、さらに深い理解が求められているのだと思う。
私達の住む町にノーマライゼーションが根付くのはいつのことだろう。
今年から来年がターニングポイントなのかもしれない。
目に見えない障害だからこそ、誤解のない深い理解が必要なのだと思う。

私達は今、何をしなければならないのか?
私達に今、何が出来るのか?
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-25 01:02 | 障害 | Trackback | Comments(2)

つぼみ学級遠足2006

a0020772_12411662.jpg

お天気に恵まれて絶好の遠足日和になりました。
殿はサポーターさんと巨大遊具で楽しんでいました。
プチパニックを起こしている子供に忍耐強く丁寧に対応している学生サポーターは頼もしく思えます。
教員採用試験もいよいよ三次。
先生になれるのは彼らの中の一握り。
厳しいけれど現実でもあります。
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-22 12:41 | サポーター | Trackback | Comments(0)

「ぼくうみ」署名キャンペーン

a0020772_18452566.gif

ぽちぽち★殿父blog では
自閉症青年が主人公の映画製作を応援しています。
                ↓
自閉症を描く映画『ぼくはうみがみたくなりました』制作準備実行委員会HP

殿父も微力ですが、制作費に一口カンパしました。
発起人のレインボーおやじさんのことをご存知の方も多いと思います。
レインボーおやじさんが映画製作実現の為に、一生懸命に頑張ってます。
BBS上でレインボーおやじさんは
「これから企業にお願いをする際、署名の数がかなり説得力をもっていくような気がしています。
少なくとも1000の単位には乗せたいと思ってます。
署名は、ネットにつながっているPCからであれば……タダで出来ます。(^^;
多くの方に「ネット署名だけでも…」の声かけをしていただけたらありがたいです。m(__)m」 
とコメントしています。


支援は出来ないけれど応援だったら殿父にも出来ます!
殿父ブログを御覧の皆様、ぜひご協力お願いします。

ネット署名はこちら↓
『ぼくはうみがみたくなりました』映画化応援のための署名
http://rain.boo.jp/cgi-bin/signv/signature.html


皆様のブログや掲示板でも、ご案内頂けないでしょうか。
善意のご協力を 心からお願いします。
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-19 19:06 | 障害 | Trackback | Comments(2)

気をつけなきゃ・・・

先月、金子書房さんより
「 児童心理 」2006年10月号臨時増刊   特別支援教育・総力特集1
LD・ADHD・自閉症・アスペルガー症候群
     「気がかりな子」をどう理解するか  が発売されていた。

おもしろそうだったので購入してみたものの未だ袋の中
のんびりとしていたら、書店に はやくも11月号がならんでた!

a0020772_0212051.gif「 児童心理 」2006年11月号 の 特集は

    自分勝手な親へのかかわり

ちょっとドキドキする。
どんなことが書かれているんだろう・・・
どんな親が先生に迷惑がられているのだろう・・・   
一旦、手にとって見るが、すぐに元に戻した。

そう言えば最近、” 困った親 ”の文字を良く見るような気がする。
 (ご近所さんの目の前で平気な顔をしてタバコを吸う高校生の息子と一緒になって談笑をする”母親”を眼にした時は、さすがに呆れてモノが言えなかったし・・・)

先生や学校と保護者の関係。
どの程度の距離感が望ましいのだろう?
ちょっと自身をかえりみる。
もしかして、うるさい”困った親”と思われてしまっていないか・・・
良かれと思ってしていることが存外、迷惑だったりして・・・
頭を冷やすためにも、しばらく おとなしくしておこうか・・・




                        むりだな・・・  
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-18 00:26 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(2)

ついつい考えすぎてしまうところが悪いところです・・・反省。

先日、「さ●まのスーパーから●りTV」を見ていました。

ビデオレターのコーナーで、あるお笑い芸人さんのご両親が出演され
「○○は、小学生の時、先生から「マスに答えを書きなさい」って言われ、正解は書かずに、全部のマスに ”答” って書いていました(^^)」
みたいな事を母親が言ってた。

そんなユーモアのある子供時代があったから今はお笑いをやっているんだろう、と推測するんだけど、やっぱりすんなりとは笑えなかったなぁ・・・
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-17 07:38 | メディア見聞録 | Trackback | Comments(0)

親父は語る?

a0020772_191869.jpgちゃっかりと飲んでます(^^)

今夜は親の会の親父さん達と支援者のみなさんと語り合えてとっても楽しいお酒になりました。
「懇親会しましょう」と呼びかけたところ、ほかのお父さんがさらに案内をまわしてくれたおかげで、これまで会ったことのなかった支援者の方々と知り合うことが出来ました。
支援者の方のいろんなお話を聞き、見聞の拡がる思いがしました。
ありがとうございます。
今夜出会えた皆様に感謝です。
      
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-14 19:01 | 殿父・『楽』 | Trackback | Comments(4)

『僕の歩く道』 ①

とある店の外に、180cm はあるだろうかという大きな身体に体操服姿の生徒と付き添いの先生。高等部と思われるお兄ちゃんは学校の近くにあるホームセンターに買い物学習で来ていたみたい。
だけど、店の外にも設置してあるスピーカーから響く大音量の音楽に耐えかね、辛そうに両手で耳を押さえて店から離れようと必死。ほっとけば車の往来のある駐車場に飛び出しそう。
先生は引きずられながらも、なんとか生徒の安全を確保しようと奮闘していました。
       「 せんせい がんばって!」

過敏性のあるジヘイちゃんに、BGMの大音量は辛いですねぇ。


『僕の歩く道』 http://www.ktv.co.jp/bokumichi/
医事監修:西脇俊二先生

いよいよ始まりましたね。
同じ時間帯に性同一性障害の人が主人公の2時間ドラマもありましたが、初回の視聴率は 19.3% 。これってまずまずなのかな?
世間のブロガーの評価はどんな感じだったのか。
 「僕の歩く道」のクチコミ(口コミ) 話題の.jp  
こんな便利サイトもあるんですねぇ。

ちょっと巡回して一般市民(笑)の声を拾ってみました。
●自閉症がどんな病気なのか解からないので、このドラマで勉強したい
●このドラマをみて自分も変わっていけたら・・・
●このドラマがきっかけでたくさんの人が自閉症、だけではなく障害のことについて考えてくれたら良いな。
●「障害」って、本人のじゃなくて、受け取る社会の側の障害なのかも。
●たまに電車で合う人がいるんですけど、その人も自閉症なのかな?って思ったり。

●思ったより重かった・・・・・
●途中で飽きるかも
●また次回見たいと思えるような内容ではありません。
●重過ぎる。草なぎ君の演技はすごいけど。最終回だけ見るかも~。

●難しい役柄なのに、すばらしい演技してた。
●飾りの全くないストレートな言葉が純粋でとてもきれいだ



やっぱり、テレビの影響力ってスゴイです!
視聴者がいろんな反応を示しています。

肯定的、好意的また教育的にドラマを受け止めた方、合格です!
「もう、満腹」って思われた方、補習です!次回を見ましょう!

いろんなタイプの自閉症児者が登場するとイメージの固定化が避けられそう。ただ、都古(香里奈)の自閉症の説明がなんとなく弁護士の弁明に聞こえてしまう

やっぱり ” 自閉症 ”って呼び方が気にいらないなぁ・・・
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-12 22:22 | メディア見聞録 | Trackback | Comments(2)

「木には、みな、育ちぐせがある」

今朝、NHK教育で『親と子のTVスクール』を見ました。
ゲストは宮大工の小川三夫さん。

優しくもあり、また厳しくもある、ちからのある眼 に見惚れてしまう。
その小川三夫さんが番組の中で語った言葉を一部紹介します。
「教えるということは教えないということ」
ある空間に学ぼうとする雰囲気があれば、教えずほっとくほうが身につく。
手取り足取り教えることはしない。
だから、
「よう、見ときや!」 と、言う。
たしか師匠の人間国宝西岡常一さんも「盗んどくれやす」みたいなことを言っていたと思う。

そして番組の最後に、親子へむけたメッセージが印象に残る。
「木には、みな、育ちぐせがある」
おひさまが一杯あたった木は硬く強くなる。
人も同じ。
だから、良いくせを身につけさせよう。

このメッセージは、子育てにも通じるような気がします。



a0020772_15102583.jpg小川 三夫 (おがわ みつお):1947年栃木県生まれ。宮大工。22歳で法隆寺宮大工の故西岡常一棟梁の唯一の内弟子となる。法輪寺三重塔、薬師寺金堂、同五重塔の再建に副棟梁として活躍。1977年徒弟制を基礎とした寺社建築専門の建設会社「鵤(いかるが)工舎」を設立。

関連ページ 
『不揃いの木を組む』
いきいきワーク 発見の旅
平成の宮大工棟梁、小川三夫さん - 日刊 心が元気になる オンリーワン見聞録[まぐまぐ!]
ほぼ日刊イトイ新聞 - 法隆寺へ行こう!
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-07 13:04 | メディア見聞録 | Trackback | Comments(2)

運動会2006、終了

ようやく小学校の運動会が終わりました。
これで練習に追われる日々から殿は解放されました。
これでご機嫌ななめの毎日も終了すると思われます

昨夜の殿はなかなか寝付けず、いつもより睡眠時間が2時間短い。
案の定、今朝は登校拒否モード全開。「ガッコォ、イキマセーン」 って・・・
でも、嫌いな体操服を着て、殿母に強制連行されて登校して行きました。

運動会、最初の種目は 表現(ダンス)。
交流学級に混じって先生と一緒に編成所から運動場へ出てはきたけれど
音楽が始まった途端に脱走しました。 
a0020772_21434347.jpg
練習の日々も虚しく、腰のひとつも振らぬままダンスは終了。

残りの、学級対抗リレー と かけっこ は先生に付き添われ完走しました。
今年は少し期待していたけれど、結局、例年通りの結果になりました。
でも
「学級リレーはビリ(最下位)になってもいいから殿と一緒に走る」と言ってくれた交流学級のクラスのみんな。 そして、ピストルの音に耳を塞ぎ歩きながらゴールへ向かう殿へ、暖かい声援を最後まで送ってくれた児童、保護者の方々に、ありがたくて胸が震える思いがしました。
だから、今年はちょっと嬉しい運動会になりました。
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-01 23:07 | うちの殿様 | Trackback | Comments(2)