ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 少子化なのに何故か微増しているらしい

当県では養護学校の児童数はほぼ横ばい状態なのですが
少子化であるにもかかわらず地域の小学校に在籍している
障害のある児童数は微増しているんだそうです。
気になる子供はカウントされていないので
地域の学校に通う特別な教育的ニーズを持つ子供の
実数は相当なものだと言えそうです。(6.3%以上かな?)

これは、背景に親の地域志向があるのではないかと言われています。
つまりノーマリゼーションの表れではないか!と。

ありのままの子育て―自閉症の息子と共に〈1〉


明石 洋子 / ぶどう社


来週のフォーラムの予習として、遅まきながら読んだこの本には
「地域の中で子どもを育てたい」という意思が強烈に現れています。
また、その意思を実現しているところが明石さんのすごいところです。
住んでいる地域で育つからこそ、本人も地域に知ってもらえるし
本人や障害を理解してもらえるキッカケにもなり環境として成立します。
極論を言うと
その子を知らない、ということは その子が居ないに等しいことです。
親は、我が子が誰からも愛されて欲しいと願うものです。
スペシャルな子どもを持つ親ならばなおのことではないでしょうか。

障害児の居場所の一つとなる幼稚園・保育園・小・中学校が
健常と障害の境なく、共に生きる場になるといいな、と思います。
※方法としての交流教育に関して 特別支援アシスト倶楽部 『ニーズの森』 の森先生がいくつかの記事を書かれておられますので、是非参照して頂きたいと思います。

特別支援教育制度も平成19年度から本格施行が決定し
気になる子も通常学級でフォローという方向性が明確になってきました。
未就学児に対する就学指導体制もノーマリゼーションを反映せざるをえないでしょう。これまでのような通り一遍の割り振りではなく、共生社会を念頭に置いた就学指導体制が求められ始めているような気がします。
[PR]
by kilala2001 | 2006-07-30 09:47 | 地域の中で | Trackback | Comments(2)

言葉にとらわれないにこしたことはないのだけど・・・

ある学習会での、あるお母さんの言葉が耳に残る。

 ”障害” って言わないで。 ”個性” と言って。

震える声で話された あのお母さんの心中を察すると胸が痛む・・・・
ADHDの息子さんは、級友から障害者と呼ばれて以来、学校に行けず
もう二年ちかくも不登校状態が続いているらしい。
級友に 「おまえ、障害者か?」 と聞かれて
そうだよ。それが何か?」 と胸をはって答えられる軽度発達障害児は
そんなに多くはいないのではないか、と思う。
「障害は病気(個性)ではない」 とか 堅苦しく考えないで
状況に応じてもっともサポートしやすい表現を使えばよいのでは?

かつて殿父がそうであったように、そして現在でも
” 障害 ”の認識は、当人や家族にとって暖かなものばかりではない。
実のところ障害児の親になって初めて”障害”について考えたりしている。
身内や周囲に障害児者がいない多くの人が
”障害”について考えることは稀ではないだろうか?

自分自身が障害を持っているという事実を本人が受け止めるには
周囲の理解やサポート体制が整備されている必要があると専門家は言う。
サポートのない社会に放り出されるのなら告知は止めたほうがいいらしい。
”痴呆症”が”認知症”へ表現を改善していったのに
”障害”や”自閉症”のように負のイメージや誤解を招くような語句を
いつまでも使い続けねばならないこの現代社会に
暖かな理解や、サポート体制はスムーズに実現整備されるだろうか・・・

特別支援教育制度にしろ発達障害者支援法が出来て軽度発達障害が注目されている今は、実はとっても大切な分岐点なんじゃないかと思う。


”障害理解”って人から習ったり教えられたりするものなのだろうか。

なんか支離滅裂になってきた・・・
[PR]
by kilala2001 | 2006-07-17 12:43 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(4)

『 療育は義務教育 』

昨日の地元新聞に、県内29ヶ所の児童デイサービス事業で「応益負担」が保護者にかからない三ヶ所のうちの一ヶ所が紹介されていた。
現行法下で本来、保護者が支払う費用を市町村が負担しているらしい。
負担している市町村のある長は
「障害児の療育にサービスという言葉は適用できない。療育は義務教育と同じで、せめて15歳までは国が責任を持つべき。国が出さないのなら自治体が出すしかない。」 と語る。


人それぞれに考え方があるのでしょうが
「療育は義務教育と同じ」とは、しびれる台詞じゃあーりませんか!
少子高齢化がすすむ地方だからこその施策なのかもしれませんが
愛のあふれる町づくりに、うらやましく感じる記事でした。


P.S.  療育と教育ってどうちがうのだろう・・・
[PR]
by kilala2001 | 2006-07-06 00:38 | 殿父・メモ | Trackback | Comments(4)