ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハイリョ

【配慮】 心をくばること。他人や他の事のために気をつかうこと。

本屋をうろついていたら、こんな↓見出しが目にはいった。

特集 特別な対応・配慮ってどんなこと?

本を手にとってページをめくってみる。  どれどれ・・・・・・

” 発達障害児への特別な対応や配慮をお願いすると、通常の小・中学校の教師からは、「特別扱いはしたくない」という拒否的・否定的な反応もあると聞く。「特別扱い」とは全く違う「特別な配慮」を、どう伝えればよいのだろうか。 ”

おお! そう言えば殿と療育園仲間だったA君が二年前に在籍する通常学級の担任から 「 特別扱いは出来ない 」 って言われていたっけ。
これは立ち読みなんてしていられない。買わねば!
ということで衝動買いしてしまいました
月刊 実践障害児教育 6月号』(学研 ¥650)

この特集、良かったです。
「教育的ニーズとは?」「ニーズに対応するということは?」
「教育上の配慮とは?」「教育上の特別な配慮とは?」 等等・・・

しびれました。自身はたとえ教師でなくてもかくありたいと思いました。
殿父的に解釈すれば
ヒット商品というのは、何らかのニーズにマッチするからこそ価値として成立するわけで、ニーズを無視した商品に価値は生まれない。同様に(かなり無茶な論法かもしれませんが)障害の有無に拘わらず、その子どもの持つ教育的ニーズを無視することは、その子どもの「育ち」や「人間性」を疎かにすることになる(言い過ぎか・・・)。逆に言うと、教育的配慮の実践こそが教師の教師たる所以である!と。(やっぱ、言い過ぎだな・・・)
とすれば、先生って本当に大変な仕事だなぁ、っと、つくづく思う殿父でした。

この 『月刊 実践障害児教育 6月号』 は その他にも
「SSTからライフスキルトレーニングへ」とか
殿父がROMしているブログ「応用行動分析学&特別支援教育探求道」の井上先生による
「余暇支援ベースのアプローチ」
そして、9月に当地で講演をされるであろう杉山登志郎先生の
「子ども虐待という第4の発達障害」
など、おもしろそうな連載がいっぱいあります。おすすめです。

P.S. 殿父は学研の販促担当ではございませんので
[PR]
by kilala2001 | 2006-05-30 00:06 | 殿父・『思』 | Comments(2)

『ハートをつなごう』 

5月の『 ハートをつなごう 』は、発達障害 がテーマです。
NHK教育テレビ 午後8:00~8:29 再放送 翌週午後1:20~1:49

放送内容は下記の通り。

5/29 子どもたちの悩み
発達障害の人は、悩みを周囲になかなかわかってもらえなかったり、つながりをうまく持てないことがあることをご存じでしょうか?スタジオに集まった発達障害の子どもたちにじっくりと話を聞きます。周囲の理解が必要とされていることを実感できるはずです。

5/30 大人だからこその悩み
発達障害に悩んでいるのは子どもたちだけではありません。大人になってから診断を受け、戸惑い、悩んでいる人が少なくありません。大人だからこその悩みとは?当事者たちが集まり、実際の体験を語ります。悩みを共有しましょう。

5/31 どうむきあう?
発達障害の人と、周囲の人たちがつながっていくために、必要なことは何でしょうか。自分の発達障害を周囲に公表し、自信を取り戻した一人の中学生をソニンが訪ね、そのヒントを探ります。

6/1  わたしたちにできること
本人と周囲の人たちがつながるために、わたしたちにできることは何でしょうか。番組に寄せられたメールやFAXでの投稿も紹介します。みんなでこのテーマを考えていきましょう。

5/31のスタジオゲストは、それいゆ相談センター長の 服巻 智子先生です。
そして漫画家の蛭子さんもゲストです。なんで蛭子さんなんだろう???
[PR]
by kilala2001 | 2006-05-27 18:12 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(2)

ガーン

ショック・・・
部屋の整理をしていたら、テレビドラマ『光とともに』をダビングしたDVDディスクが出てきたので最終話を見てみました。リオ先生が学校を辞めるまでに、ヒカル君が一人での登校にチャレンジするという内容でした。
このドラマを永久保存版にしようと某有名メーカーのDVD-Rでダビングしていたにもかかわらず後半は映像が止まったり、勝手に先に進んだりとまともに再生できなかった・・・ なんてこった・・・

特別支援教育の本格施行を間近に控えている今だからこそ
『 光とともに 』 PART 2 を製作し放送してほしい!

平成19年度に向けて特別支援教育制度をひろく知ってもらうのに 原作に準じた 『 光とともに 』 PART 2 は まさにうってつけのドラマだと思います。
きっとさらに視聴率もいい筈!
日テレさん、どうぞよろしく お願いします!

以上殿父からの、『 光とともに 』 PART2 製作嘆願キャンペーンでした。

日本テレビの全般に関するご意見・ご感想
『光とともに』
[PR]
by kilala2001 | 2006-05-24 03:33 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(3)

どんかご

ローカルネタです。

今度の木曜日25日、午後7時からの『どーんと鹿児島』(MBC南日本放送)で
「わかってくださいぼくの弟のこと Part2」 が放送されます。
Part1 は筑紫哲矢さんのNEWS23でも少し放送されたのでご存知の方も・・・

番組HP予告から 「自閉症は、見た目からはわかりにくいため、障害があると周囲からなかなか理解してもらいにくい。番組は、自閉症児とその家族の1年半にわたるドキュメンタリー。兄の書いた作文とともに、自閉症児の世界や成長の様子、家族のふれあいを綴る。

※ 兄の書いた作文はたぶんこちら

もしかしたら、殿も映っているかも・・・
[PR]
by kilala2001 | 2006-05-20 23:17 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(0)

DVD『自閉症の子どもたち』

(社)日本自閉症協会本部が製作したDVD
自閉症の子どもたち~バリアフリーを目指して~」(30分)を見ました。
とてもよくまとめられているなー、と感じました。
それもその筈、 "自閉症・発達障害に関する一般への啓発普及のための映像DVD " だそうです。
内容は、
1 自閉症の子どもたち
2 自閉症ってなに?
3 もっと知って自閉症のこと
4 自閉症のある人への支援
5 家族からのメッセージ
  となっております。

地域の学習会に使えるかもと思ってさっそく幹事の先生に渡しました。
このDVDをたくさんの人に見て欲しいなーと思います。
例えば
幼・保・学校の保護者様、 幼・保・学校の先生達、 地域の民生員の方々、
保健センター等の保健婦の皆様、 子育てサロンにお集まりのお母様方、
職場の同僚(うーん・・・)、 図書館のAVライブラリーをご利用の皆様、
保育士、教員、看護士、福祉職を目指す学生の皆様、etc・・・

このDVDには、たくさんのいろんな願いが込められています。
出演された支援者、ご家族の方の思いが伝わってくるようです。

※ このDVDのお問い合わせは、各県自閉症協会へお願いします。
(ネット上でも閲覧できるともっといいかもしれないですね)
[PR]
by kilala2001 | 2006-05-17 23:54 | 障害 | Trackback | Comments(0)

ネプリーグ

『ネプリーグ』 フジテレビ系列 毎週月曜日19時~
最近このてのクイズ番組にはまっている殿父です。
なかでもお気に入りは「よみがなミサイルで漢字をうて」のコーナー。
三つのステージをクリヤーすれば最後に超難問の漢字が出題されます。
毎日死滅していく脳細胞に鞭を入れながら読みがなを答えるのが楽しい。

ところが、殿はこのコーナーが苦手みたい。

前のコーナーはわりと楽しんで一緒にテレビをみているのだけれど
「漢字を撃て」のコーナーになるとバタバタソワソワし始めます。
椅子から立ち上がり、直接テレビのボタンを押し音量をゼロにします。
音のない映像だけなのに「小さい、小さい」と言い一人勝手に焦っています。
きっと頭の中で怖い効果音が聞こえて怯えているのかもしれません。
耐えられなくなった殿は何故かゲームの攻略本を持ってトイレに避難します。
避難中、殿父が少しでもテレビの音量を上げようものなら
オトーっ オトーっ (音を小さくの意)」と叫び、トイレのドアを蹴る始末
篭城した殿は30分くらいはたてこもったままトイレから出てきません。
ということで便秘がちな殿にトイレに座ってもらう時間になっています。
したがって我が家では毎週月曜日は「漢字をうて」のコーナーの前までに用を足すようにスケジュールが決まっています (笑)
[PR]
by kilala2001 | 2006-05-15 22:15 | うちの殿様 | Trackback | Comments(0)

明石洋子さん講演会 ( 鹿県出水市 )

知人のyumekiさんからの情報です。
(いつもありがとうございます)

「国際ソロプチミスト出水」認証20周年記念講演会
ありのままの子育て
~自閉症の息子と共に~
講師/明石洋子氏・明石敏之氏
知的障害と自閉症という障害をもちながら
現在、川﨑市の職員として働く徹之さんと
「彼の幸せになる道は地域の中にきっとある」
と信じて育てた洋子さん。
誰も心にパワーがあふれてくるお話です!
とき 5月17日(水)11:50~12:50
ところ ホテルキング2F(出水市向江町5-18)
参加費 無料
問い合わせ先 国際ソロプチミスト出水
       会長 安田 TEL(0996)73-1225
       主催/国際ソロプチミスト出水
後援/出水市教育委員会・阿久根市子育て支援センター
   出水地区手をつなぐ育成会

参考:国際ソロプチミストアメリカ 日本南リジョン
著書:『ありのままの子育て』 他

[PR]
by kilala2001 | 2006-05-06 09:34 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(0)

本当に泣ける・・・  ?


「光とともに」が連載再開するのはいつだろうと、『for Mrs 』を探して婦人誌コーナーをきょろきょろしていたらこんなのがありました。

      「 本当に泣ける子育て物語 」
        ~障害児とともに生きる~


内容は、ダウン症、LD、自閉症等々
本当に泣けるかどうか!  お近くの書店にGO!  600円也。
[PR]
by kilala2001 | 2006-05-01 07:20 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(4)