ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

円満に。

殿が通っているスイミングクラブから電話があった。

どこかのお母さんから匿名でスイミングクラブにクレームがきたらしい。

  『殿が決められた練習コースを無視して入ってきて、
   うちの子の練習の邪魔になって困っている
』 と。

スイミングクラブに入って3年目になるが、苦情を言われたのは初めて。
1年目に比べれば、コースを逸脱することもかなり減っているらしいのだが。

クラブのコーチは、「なんの問題もありません。これまで通りです。間接的に苦情の件がお耳に入り嫌な思いをされる前にお伝えしたく電話を差し上げた次第です」と言ってくれるが、嫌な思いをしているお子さんや保護者に対して申し訳ないと思う。
障害があるから、我慢して下さいとは、やはり言えない。
「同じお金を払っていて練習の邪魔をされては困る」  ( ごもっともです。)
コーチ陣に任せっぱなしにしていた父たちにも非がある。

円満な解決策を考えねばならない。
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-30 23:29 | 地域の中で | Trackback | Comments(2)

今夜も

a0020772_2273235.jpg
白熱してます。
鹿県支部の親父の会。

ゲストとのバトルもおもしろかったです。

今回も勝ち逃げされちゃいましたが・・・

夏にリベンジです。>ユウジさん
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-28 22:07 | 殿父・『楽』 | Trackback | Comments(2)

おとな

うさこさんから次のようなコメントを頂きました。

>子供が育つ時期に関わる 大人の『質』 で、その子の将来に渡って一生を左右するような未来がある事を忘れてはならない

このコメントが、ずぅーっと、引っ掛かっています。

質 、 おとなの ・・・・

大人が大人、たりえているのか?
なにをもって”大人”なのか
子供に対する”大人”のポジション、責任、使命、は・・・
わが子に対する”大人”の自分。

算数、国語、理科、社会、そして仮に、5教科目が 『大人』とした時
先生の評価は、どんなんだろう?

父の『大人』の成績は、どんなんだろう?
 ・
 ・
 ・
たぶん、きっと
 ・
 ・
 ・
成績、優秀だろう!   ( 自爆 )

もっと、かっこいい大人になんなきゃ >自分



参加した学習会で 「ペアレント・トレーニング」って言葉を初めて聞いた。
他所のお子さんとわが子をとっかえて、遊び、関わり方を学ぶ方法らしい。
親の成績もそのうち数値化されるかもしれないぞ・・・
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-22 23:59 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(10)

ラジオで

在宅ホスピスケアに携わる医師の内藤いずみさんって方が出演していた。
息子さんの質問に「終末医療は苦しそうな顔を笑顔に変える仕事なんだよ」と答えたそうな。

“笑顔”、大事ですね

障害児の親は鬱傾向になりやすいと聞きます。
父はいつも笑顔でいるかな…?
中年親父でもステキな笑顔で笑っていたいなぁ。
(キモイって言わないでー)

番組の中で「医師と神父は人の魂に手を突っ込む仕事」という言葉があった。
教師という職業も同じことが言えそう。魂達の現場で心に寄り添う恐ろしい仕事なのかもしれない。
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-19 11:10 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(2)

『 特殊教育に専門免許 』

朝日新聞記事『特殊教育に専門免許、50年ぶり法改正 文科省方針

特別支援アシスト倶楽部『ニーズの森』ログ:「教育職員免許法の改正」にTB

 なんでも半世紀にわたり、ほったらかしにされていたらしい。
記事によると、盲学校で31.5% 、ろう学校で38.5% 、養護学校で41.8% の先生が特殊教育免許を持たないのだそうだ (おそらくこの中には交流事業で赴任されている先生も含んだ数字だと思われる)。
これまで支援の対象外になりやすかったLD、アスペルガー症候群、ADHD等の子供達にも対応しようということのようだ。時代の流れを感じる。
しかし、よく50年間も手付かずで放置していたものだと、感心します。 当時の小学生は今や60歳前後になっているだろう。その人達はどんな人生を歩んでこられれたのだろう。この法改正が子供の豊かな成長に結びつくものと信じ、歓迎したいと思います。
 私達障害児の保護者は、熱心に勉強をしていて、一生懸命にわが子に接してくれ、親と一緒に泣いたり喜んだりしてくれる先生ならば本当は免許なんか無くったってかまわないと思っているのではないでしょうか。
教えることもたしかに大切。でも、育ちをともに喜び合える先生でもいて欲しい。
 特殊教育免許を取るためには、大学卒の場合、小中学校などの普通免許状に加えて特殊教育に関する科目について23単位を取る必要があるようです。取得単位が増えるからと言って特別支援教育を志す若者は減ったりしません。志ある若者が教育現場に出られないのが現状なのではないでしょうか。また、すべての教師に最低限の知識を持ってもらうには普通免許の場合でも、あらたに特別支援教育概論のような単位取得を必修化して欲しいものです。ついでにボランティア経験も採用の考慮に加えて欲しいものです(インターンシップ制)。

文部科学省
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-16 22:01 | 情報・ニュース | Trackback(1) | Comments(15)

春キャンプ2

a0020772_0402232.jpg
ただ今、親父の会、参加中です。

先輩パパさんらの話は勉強になります。
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-15 00:40 | 殿父・『楽』 | Trackback | Comments(2)

春キャンプ一日目

a0020772_16415527.jpg
自閉症協会鹿児島県支部主催の春キャンプに参加しています。
先月から新しいサポーターさんに代わりました。一年生のフレッシャーさんです。
殿は、腹がへっているのか、はやくも「おにくーっ」と叫んでいます(笑)
入浴後、ちょっとブルーになってウルウルしてたけど、どうやら大丈夫みたい。(ホッ)
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-14 16:41 | サポーター | Trackback | Comments(6)

なんと、6割の保健師は理解不足 だとさ!

『保健師6割が理解不足 日本自閉症協会調査 』
『自閉症 保健師の65%理解不足 協会、厚労省に研修改善要求』

これは、本当なのでしょうか?
たぶん、本当なのでしょう・・・
よわりましたなぁ・・・
はてさて、いかがいたしましょう。

どうしてこのような事態が発生するのでしょう?
学習会で見かける保健師さんもたくさんおられるのですがねぇ・・・

やっぱり、実体験のないところに真の理解はありえないのかもしれません。
無念なことですが・・・

と、さじを投げてはイケマセンね。

みんながHAPPYでいられるように、前向きに、、れっつら、ごぉー! です。
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-10 20:21 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(12)

うらやますぃーくらい、髪の毛が伸びていたので、


今日、殿は散髪をされました。

ぶらりと寄ったにもかかわらず、少し躊躇はされましたが、わりとスンナリと椅子に腰掛けられ、ややおとなしく髪の毛を切られておりました。
父が、「お、かっこいいねー」とか「かわいいねー」と何度も声をかけるとその気になるのか、たまに顔にかかる髪の毛を気にしながらも鏡の中の自分をニコニコとうれしそうに見ています。
以前は、ビデオカメラを床屋に持ち込みお気に入りの動画を再生して気をそらせ、その隙にチョキチョキやってもらってました。
 この行きつけの床屋さんの甥っ子も殿と同じ年の自閉君です。
だからというわけでもないけれど、嫌な顔をせずにチョキチョキやってくれます。
入店してから店を出るまで10分弱。洗髪なしの特急コースは1500円也!
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-08 22:49 | うちの殿様 | Trackback(3) | Comments(8)

殿の 『 問題行動 』

どうも最近、変だと思っていた。

朝、起きて奥さんに確認をしてみると
奥さんも気付いていたらしい。
残念ながら、父の気のせいではなかった。
今回は、殿の 問題行動について話そう。

殿の寝相の悪さについては以前、触れたかと思う。
夜中にいきなり ” かかと落とし " をくらうのもスリリングではあるが
今回の問題行動に比べれば寝相の悪さなど可愛いものだ。


殿のこの問題行動は真夜中に起こる。

ふだん殿をみる限りは、そうでもないのだが
夜中は不安になるのか、殿は無意識に寝ている父達の身体を触ってくる。

以前は身体の一部が触れていれば安心していたのだが、今は違う。

殿が寝返りをうつと、腕が父の咽喉元にあたる。
殿はぐっすりと眠っているにもかかわらずその手は、父のあごをのぼり、感触が良いのか、くちびるをつまんだりして手遊びをしている。

ここまではいい。

父も眠たいから、好き放題にやらせておく。

問題はここからだ。

父のくちびるで遊んでいるかと思いきや

今度は父の鼻の穴に指を 突っ込んでくる!

父は顔をのけぞらせ鼻の穴から指を引っこ抜く。

しかし殿はその指を、すかさず父の口の中に押し込んできた!

「 ぺっ ぺっ  (なにしやがんだ、このやろー!)」



奥さんも やられているという・・・

うーん 問題だ ・・・
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-02 23:15 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(9)