ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2005年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

はるやすみ

新学期が始まる前に、

サポーターノートの内容をしっかり煮詰めなきゃ・・・


あ~  でも  なんか 落ち着かない


a0020772_7374435.gif





(  くめくめ。さん風に ログってみました ^^  )
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-31 07:43 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(2)

『 サポーター・ノート 』  ~2~

特学の担任と奥さんは連絡帳でやりとりしています。
この連絡帳には、この1年間で1回しか父は書き込んでいませんでした(反省)
このサポーターノートに父が書くことで、「先生(OT、ST)」と「父親」という関係が必然的に構築されます。
良くも悪くも、お母さんの向こう(後ろ側)にいるお父さんではもうすまされなくなります(笑)



さて、我が家のサポーターノートを説明しますと、
バインダー式、B5、26穴タイプを使っています。
コメント順に「 No.** 」と頭につけ、コメント記入者、記入者の職種(もしくは殿との関係)、日付を一行にまとめて書いています。
そして二行目からコメントを実際に書いてもらっているのですが、
なんだかネット上でのコミュニケーションの様式に似た格好になってます。
コメントはサポータ-ノートの全閲覧者に向けた感じで書かれています
そして個人へのコメントをする場合は
” >父へ ・・・・ ”のように 「 >○○へ 」と指定しています。
BBSやブログで慣れている人ならとっつきやすいかもしれません。

PS:指名された場合は、読んだ証拠として個人のサインをするのがいいかも。
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-28 01:40 | ツール | Trackback | Comments(2)

『 サポーター・ノート 』 一冊のノートから始める

( 水前寺清子、『 365歩のマーチ 』 のメロディで )
♪ 連携 は歩いてこない、だーから 歩いていくんだねー ♪

ということで、連携について考えてみる。

地域の小学校の特殊学級に通う殿が、学校の外でやってることと言えば

○ 作業療法士による訓練
○ 言語聴覚士による訓練
○ スイミングスクール 
○ つぼみ学級への参加   

と、まあ こんな感じ。( どれも支援費の対象外(TT) )

で、父が目論んできたことは 

OTさん、STさんら専門家と担任&校内委員会をつなぐ
 ということ。

*家庭と学校はおおむね連携がはかりやすい
*家庭と関係機関もわりと話ができる関係にある
*子供が多くの時間を過ごす学校(幼・保)と関係機関はつながっていない
というのであれば
保護者自身がコーディネーターになるのが連携の近道なのではないか?
と、父は単純に考えた。

じゃあ、なにから始めればいいか?

あっ そうだ! 
殿を支援してくれる人たちで読み書き出来る連絡帳を作ろう!
 (なんか高校の時の交換日記みたいでいいぞぉ!)

ということで、先月から始めました、その名も  『 サポーター・ノート 』
a0020772_2243741.gif

殿の支えてくれるサポータ-さん、みんなで綴るノートという意味を込め名づけました。もちろん父もサポーターの一人です。
この一ヶ月半のあいだにコメントを寄せていただいたのは
・OTの先生
・STの先生
・心理の先生
・特殊学級の先生
・学生ボランティアさん
そして、明日には交流学級の先生からもコメントが届く予定です。

情報の共有としてIEPなんかももりこんでいけたら・・・ と思っているんですが
なんせ、まだまだ手探りの状態でして 

でも、まあ やってみて良かったです。
訓練の内容や意味を改めて知ることが出来たし、休日には、遊びを通してそのコメントされた訓練と似たようなことをやってみて、その経緯をノートに記録することでさらにOTの先生から指導が得られたりと 今までバラバラにやっていたことが 徐々につながっていくのを肌で感じることができました。
今後はノート上で学校側と専門家がコミュニケーションをとれるといいかなぁ・・・
とってもおすすめです、「サポーター・ノート」皆様も是非!
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-24 22:31 | ツール | Trackback | Comments(3)

ボウリングにチャレンジ

今日は殿にボウリングをさせてみることにした。
前日、電話で確認をした営業開始の10時に行く。
オープン直後というのに既に45分待ち。
( 予約状況まで確認するべきだった・・・)
およそ45分後、レーンが空き、ボウリング開始。なんとか殿は待てた。
殿にしてみれば2年ぶりになるだろうか、すっかり忘れておられる。
奥さんに付き添われての一投目は、子ども向けに現れるゴム製のロープを乗り越えガターにひっかかる。係員がとってきてくれたのでもう一度やり直す。
が、止める間もなく殿は床に置いたボールを蹴る(サッカーじゃないっての!)
二投目はなんとか両手で投げ(転がし)て、計7ピン倒しました。

と、その直後

意識はしっかりしてるんだけど、父の身体はフラフラする。なんか変な感じ。
ふと見上げると頭上のこんなもの↓が激しく揺れている。
a0020772_2083681.gif

” じ、地震だ!”
ぐらり、ぐらり と揺れている感じ。 けっこう ながく揺れている。
何人かが気付いたが、大多数はプレーを続けている。情報はなにも入らない。
アナウンスもない。ホールの係員に「非常口はどこ?」と訊ねても返事も無い。
大丈夫か?このボウリング場。危機管理はどうなってるんだろう。
とにかく、緊急脱出に備えてプレーを中断し、しばらく様子を見守った。
  (この時の地震は当地では震度2~3と判明。現在も余震発生中)

この中断で、残念ながら 殿はくずれてしまった。
2フレ目以降、殿がボウリングをすることはもうなかった。
最初からボウリングへの興味は薄かった。それを、騙し騙し連れてきたけど、この中断で好奇心も集中力も切れてしまった。
手をかえ品をかえ、プレーに誘うけど、殿は拒否反応ばかり。
あまりの拒否に父もつい、きれて怒ってしまった。 (反省)

もっと父にスキルがあったならこんなことにはならないだろうに・・・
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-20 21:05 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(7)

おわかれ遠足

a0020772_14135679.jpg今日はつぼみ学級のおわかれ遠足です。
場所は鹿児島市近郊の健康の森公園です。
絶好のお天気になりました。
相当量の花粉を覚悟して行ったのですが
おもったよりは感じません。杉の木が少ないからかな。
もちよったお弁当をひろげて学生さんたちと食べました。
お母さん達の笑い声がとても楽しそうです。
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-19 14:13 | サポーター | Trackback | Comments(2)

本当は聞こえている

  「 おはよう!」
                 「 さようなら 」

いろんな方が殿に挨拶をしても殆んどは無視されます。
まるで耳が聞こえていないみたいに思われるだろう。
しかし、騙されてはなりませぬ。  殿はしっかりと聞こえておられます。

昨夜も六畳の和室いっぱいに玩具をひろげられ遊ばれておりました。

父:「 殿、みかん食べる? はい、どうぞ 
殿:「・・・・・・・・・・・・・・・・・( びー玉転がしに夢中のご様子 )・・・・・・」

~ 見向きもしない ~

父:「 殿、お風呂にはいろうか?
殿:「・・・・・・・・・・・・・・・・・( ミニカーを数台並べてご満悦のご様子)」

~ ピクリともしない ~

父:「 お布団をしくからおかたづけしてくださーい
殿:「・・・・・・・・・・・・・・・・・( 歓喜の声を上げ、人形とお戯れになる)」

~ やはり言葉の理解はまだ無理か?・・・ ~

父:「 それじゃぁ、お薬飲まそうかなー
殿:「駄目っ


聞こえてるじゃん!!  このーっ
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-15 23:05 | 障害 | Trackback | Comments(5)

ニュー ・ ドラえもん

こんなニュースがあった。

「ドラえもん」40歳若返る

大山のぶ代さんらがつとめたドラえもんの声優人らが 4/15 から変わる。
殿は今も居間のテレビで「のびーたー」なんて言いながら見ておられる。
いつもと違うキャラクターの声にパニックを起こす自閉症児もいるかもしれない。
うちの殿はどうだろう?たぶん、殿はパニックは起こさないだろう(と思う)。
「こち亀」が「ワンピース」に代わった時は「あれー。なーい。」と言ってただけし。
それに録りためたVTRがわんさかあるのでなんとか大丈夫!(かな)
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-13 09:03 | 殿のお気に入り | Trackback | Comments(0)

それにしても

殿は寝相が悪い。
夜中に目を覚ますと、いつのまにか父の咽喉(のど)元に殿の足があった。
夜の間、二つならんだ布団の上を縦横無尽に動き回る。
もしかしたら”睡眠時多動症候群”かもしれない!(冗談です。そんな病名ない)
父の身体に足をのっけてなお、熟睡している殿の足裏をくすぐってみる。
いやはや、たいしたもんだ、寝ていても足が即座に反応している。
おもしろいので何回もやってたら寝ながら殿は不機嫌そうにうめいていた(笑)
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-10 23:13 | うちの殿様 | Trackback | Comments(2)

皆で集い、共に楽しもう

全国へ「心のバリアフリー」

 「皆で集い、共に楽しもう」をテーマにした知的発達障害者のスポーツの祭典「スペシャルオリンピックス(SO)冬季世界大会」が8日間の日程を終え、今日閉会式をむかえた。
全国でトーチランが行われたのでご存知の方もきっと多いと思います。
開会式でアスリート達がトーチランに集まっていたけれど、火が燃え移りそうでドキドキしました。アスリート達の顔、いい顔で笑っていましたね。
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-05 23:07 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(3)

いま意識改革が必要なのは○○先生、あなたですからーっ 残念!

普通級から特殊学級に籍を移した方がいいと勧める学校側と普通級に籍を置いておきたい家庭。両者の間では時に揉めることがある。



適切な支援を受けさせたいが為に移籍を勧める学校。お友達との関係も維持していたい家庭。どちらの気持ちも当然なのであります。最終的な判断の基準はその子供にどうあったら一番いいのかを考え、みんなで協力しあい、より良い環境を整えてあげる事だと思います。
何度もふれますが鹿児島市の全校が特別支援教育のモデル校になってます。
A君は普通級に在籍していますが学校からは特級に移籍を勧められています。
A君のお母さんが「特級に移っても得意な科目は普通級で授業を受けられるのですよね?」と確認したところ、「いえ、そんなことは出来ません。特級に移ったら特級で授業は受けて下さい」と、その校長は答えたらしい。

特別支援教育への移行期間も折り返しだというのに未だにこういう学校長が存在するというのはどういうことか? 他校のこととはいえちょっと残念に思う。
現場の教員に関しては研修が行われているようだが、
学校長など管理職にたいしても研修と評価が行われるべきである。
彼らが前時代の遺産にならない為にも。
さて、もう一ヶ月もすれば新入生も入ってくるし、先生達も移動です(少し憂鬱)
トップである全ての学校長は、ちゃんと配慮の出来る方にやってもらいたい!
学校は外部評価を受けるシステムがない。ゆえに問題解決に時間がかかる。
いっそのこと奉行所前に目安箱を設置してはいかがなものか (笑)
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-03 22:57 | 特別支援教育 | Trackback | Comments(5)