ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2004年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

光とともに 第7巻

a0020772_9372142.jpg昨日、『光とともに 第7巻』を買って読みました!
本の帯は”それいゆ”の服巻先生。さすが含蓄を感じるコメントです。将来の就労を考えて行動をおこすなんて今の父には・・・・
殿の学校生活は始まったばかりだけどやがて終わりが来るんですよねぇ・・・
殿が働く・・・ うーん イメージがわかないなぁ・・・
なにかを並べる仕事ってあるかなぁ・・・(笑)

第7巻の半分は書店で立ち読みしてました。
「光とともに」が掲載されている「フォアミセス」は当地では月初めに入荷です。
書店では婦人雑誌コーナーに置かれているのですが
この婦人コーナーで立ち読みをするのが実はなかなか勇気がいったりします。
婦人コーナーに人がいなくなったのを見計らって、いそいそと移動します(笑)
”光とともに”だけ立ち読みして婦人コーナーからそそくさと退散しますが
さすがにオジンの父の傍にくる方は少ないです。
レディース本があるからでしょうか(爆)
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-27 09:39 | 殿父・『楽』 | Trackback | Comments(5)

特別支援学校、開校へ

記事■特別支援学校が開校へ 「特殊教育」は言い換え [ 11/26 16:05 ]

記事によると現行の盲・ろう・養護学校が廃止され、一つの学校で複数の障害種に対応が出来るようになる。らしい。
その名も『 特別支援学校
遠く離れた養護学校に行かなくてもより近い養護学校に行けるらしい。同じ教育が身近な学校で受けられるのならばグッドニュースです。通学に長時間をかけなければならなかった子供達も負担が軽くなるのでしょう。
しかし、大変なのは先生方です。それぞれの障害種に対応していかなければならなくなるかもしれません。しかし、特殊(養護)教育は一年やそこらでこなせるものではないのではないでしょうか?一般教職に専科があるように、特殊教育も専科を推し進めて欲しいものです。
そうそう、”特殊教育”って言葉もやがて変わるんですね。

【審議会情報】
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-26 23:37 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(1)

支援法質疑の模様

LD親の会「けやき」のホームペ-ジにビデオライブラリへリンクするページがあるようですのでご紹介します。
衆議院 内閣委員会 発達障害者支援法案 関連質疑
平成16年11月24日 (衆議院ビデオライブラリ)



厚生労働省、シオタ部長 発言集
「療育手帳を持たない発達障害児に対してもサービスを検討する」
「自閉症・発達障害支援センターを数年(2、3年のうちに)全都道府県整備を検討したい」
「発達障害者再生支援整備事業(来年度概算要求)において文部科学省と連携して支援を進めていく」
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-25 19:57 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(0)

緊急アピール

記事■介護保険の給付拡大を訴え 制度改革で知的障害者団体

先の報道を受けて、「全日本手をつなぐ育成会」が緊急アピールをした模様。

支援費制度を介護保険制度に統合することに関しては、それぞれの立場からいろんな意見が出されていたように思う。
参考までにいくつかを紹介しておきます。
社会保障審議会介護保険部会の介護保険制度の見直しに関する意見
日本障害者協議会(JD)の統合を考えるページ
全国自立生活センター協議会 の特集
保健福祉介護の情報サイト「ウェル」の特集

上記に紹介したページを気力減退につき父はまったく読んでおりません。
お時間のある方、お読みになって教えて頂ければありがたいですm(_ _)m

昨年までは療育を受けていたので支援費制度の恩恵を受けていましたが
就学してからはデイサービスを利用していないので疎遠になっております。
病院で受けている言語療法や作業療法が支援費制度で利用できればいいのですが、支援費の対象事業者にはなっていないようです。
恥ずかしながら、実は支援費制度については無知同然でござりまする。
制度が始まる以前、かなりの反対があったにもかかわらず国は強引にスタート。直後、破綻状態に陥ってしまった。(のですよね?)
個人的な考えなのですが、厚生労働省は支援費制度が破綻することは最初からわかっていてスタートしたような気がしてなりません。本当の目的は実は別のところにあったりして・・・。たしかに、サービス事業者の研鑚を促す為には支援費制度は必要だった気もします・・・。
う~ん、やっぱりよくわかりません。勉強不足ですいません。
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-24 22:31 | 情報・ニュース | Trackback(1) | Comments(1)

発達障害者支援法案が今国会に提出されたそうな

Excite エキサイト : 政治ニュース

04/11/19:与野党共同で衆院へ発達障害者支援法案が提出された模様。
なにやら成立は微妙との情報もあるようですが・・・
法案の行方が気になるところであります。

この法案が成立すると
わが鹿県にも発達障害支援センターがより早く出来る、かもしれない。
もしかしたら、障害者差別が少なくなるかもしれない。
もしかしたら・・・  etc

「発達障害者支援法案」(PDF形式):日本自閉症協会
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-21 23:25 | 障害 | Trackback | Comments(4)

気になる記事

養護学校に少ない、特殊教育免許教員 「専門性」認識にずれ / 群馬

昨年の9月に殿は教育相談を受けた。
心理担当の某大学の先生と話をしていた時、その先生が
「お尻が自分で拭けない、いわゆる身辺自立が出来ていなようですから
養護学校への進学が妥当でしょう」とポソっと言った。

え、えーっ いま判定を出すの? 聞いてないよー

今年になって自閉症協会鹿県支部の先輩から聞いたのだが、
この先生は”養護判定”出したがるお方らしい。
昨年は「地域進学派」の奥さんに対し「養護学校進学派」の父とで意見が分かれていた。
専門性の高い養護学校なら殿により適切な教育を受けられると考えたからだ。
奥様とのバトル&熟考の末、地域の小学校へ希望することになるのだが・・・
これまた、協会の先輩から聞いた話なのだが
わが町でも記事とまったく同じ状態になっているらしい。
殿が養護学校へ進学していても成長にそう違いはなかったかもしれない。
未就学時なら療育園の選択は出来たが、学齢に学校を選べるのはわずか。
障害を抱える子供達が毎日を楽しく過ごせる環境を保障する義務が行政にはあるのではないだろうか。
記事の中の親御さんの言葉を引用して本日のログを終わります。

「発達途上の障害児にとって、7歳、8歳の1年1年はかけがえのない貴重な時間。先生は試行錯誤でも『いい経験』になるかもしれないが、子供の時間は返ってこない」
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-18 21:53 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(4)

チメロフリーって大事?

先週中頃から風邪をひいてしまいヘロヘロでした。
点滴をうって、会社を二日も休んでしまいました。
なのに昨日は朝から仕事でずぶ濡れになってしまい病状は小康状態です。
オジンゆえに回復にも時間がかかる今日この頃の殿父でございます。
明日はインフルエンザワクチンでも接種しようかと思ってます。

で、ワクチンと言えば「自閉症水銀原因説」が頭をよぎります。
現在では、”水銀と自閉症は無関係”で落ち着いているようです。
これについてはカイパパ様のブログで深い論議が交わされています。
じつに勉強になります。おすすめです。是非ご一読を。
http://blog.livedoor.jp/kaipapa2shin/archives/205806.html
そして何故か父の手元にある資料を紹介しておきます。

『チメロサールに対するWHO(GACVS)の見解』
メチル水銀(水俣病発症)半減期 約1.5ヶ月
エチル水銀 半減期 一週間未満 (=チメロサール 4~9日で排泄)
エチル水銀は腸から排泄。小児・成人に毒性を示す証拠はない

a0020772_23431981.jpg
「どんな水銀でも混入しないほうが良い」っていうじゃな~い。でも、ふつうに暮らしていれば重金属の類は知らず知らずのうちにからだに取り込まれてますからー   残念!(ギター侍ふうに)
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-15 23:47 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(0)

金八先生11/12放送分

授業ボイコットで始まった今回の金八先生
3Bのソーラン節で”やよ”がどのように扱われているかに注目でした。
これまでの放送同様”やよ”の演じる自閉症児はピンときませんでしたが
親の立場から言うと、どんな形であれクラスメイトとの関わりがあることは
やはりうれしいことだと思えるのではないでしょうか。
しかし、あのうるさい3Bで”やよ”はよくもちこたえてるなー

で、ちょっと気になったのが次回の予告。
あれはもしかしたら七生養護学校問題を題材にしたのかな↓
○ これでいいのか?性教育
○ あなたはどう考えますか?-「性教育バッシング」
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-13 04:10 | メディア見聞録 | Trackback | Comments(0)

朋の時間

朋の時間~母たちの季節~の上映とトークが催されます。
a0020772_79436.jpg11月23日(祝日)  
開場 9:30
1回目上映    10:00~12:15
2回目上映    13:00~15:15
トークの時間   15:30~17:00
水俣市文化会館
 前売り 500円
 当日  800円 
    中学生以下無料
トークゲスト
日浦美智江(社会福祉法人訪問の家理事長)原田正純(熊本学園大学社会福祉学部教授)小笠原嘉祐(ピルネ記念病院理事長)森枝敏郎(熊本環境生活部次長)
進行 西山正啓(朋の時間・映画監督)
問い合せ先:社会福祉法人さかえの杜・小規模授産施設ほっとはうす
 TEL&FAX:0966-62-8080
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-09 07:12 | 情報・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)

ふれあいフェステイバル、終わりました。

a0020772_21514441.jpg←ミスチル等の楽曲を手話で表現。
事前に用意したたこ焼き用の材料を持って9時前に会場入り。会場は出店者たちが早くも行き来していました。広い会場をウロウロしながら眺めてみると、いろんな障害を持った方々や支援団体が様々なお店を出したり、体験コーナーをやっていました。

a0020772_21521197.jpg←鹿児島県支部のだんご屋
アリーナでは、狩人のふれあいコンサート、柏木由紀子氏講演、仮面ライダーブレイドショー。エントランスでは健康・福祉・年金の相談コーナー、障害者(児)とのスポーツ交流(フライングディスク)等もりだくさんの催し物がありました。

a0020772_21523015.jpg←ブース傍でミカンとお茶の販売
県支部のたこ焼きは開店前にちょいと失敗があったりして材料をロスしてしまいましたが、なかなかの出来栄え。クレームはたったの一件(タコが入ってなかったらしい) 用意しただんご700本、みかん300kgはすべて完売出来た(おお すごい!

a0020772_21524282.jpg
←鹿児島県支部のママバニー
父が販売応援中、うちの殿はというと、芝生でお弁当を食べた後、サポーターさんといおワールド かごしま水族館へ仲良くお出かけでした。売上金は県支部の活動資金に充てられるそうです。
来年も頑張るぞー!(殿父)
[PR]
by kilala2001 | 2004-11-07 23:24 | 殿父・『楽』 | Trackback | Comments(0)