ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

<   2004年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

『発達の遅れと教育』

『発達の遅れと教育』2004年10月号 
        
■特集■特別支援教育コーディネーター必携 ~創造的なチームづくり~
■特別支援教育コーディネーターQ&A
 特別支援教育コーディネーターをめぐる現状
 支援チームづくりの在り方
■実践の充実のために
小学校では
 ・支援グループを中心とした校内支援体制づくり
 ・通級指導教室担当によるコーディネーション
中学校では
 ・校内体制と外部ネットワークとの連携
養護学校では
 ・小・中学校等への支援の事例から
養護学校では
 ・チームで取り組む地域支援
■養成研修を充実するために
 ・求められる技能─ファシリテーションスキル
 ・研修担当者が語る研修のポイント─実務からの学びを共有して
 ・研修担当者が語る研修のポイント─協働チームづくりを中心に
■他

㈱日本文化科学社から好評発売中

この10月号は是非読んでみたい!(殿父)
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-30 07:56 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(2)

昨日、県議会を傍聴してきました。

自閉症協会鹿児島県支部が昨年9月に県に提出していた”陳情5018(自閉症・発達障害支援センターの設立および自閉症等の早期診断・早期療育の実施)”は、翌月の議会で採択に近い継続審査になっていました。

それから一年が経過しました。

で、今日の県議会の結論は、あっさりと継続審議になってしまいました。
委員の中には、陳情5017と5018を混同している方もおられたり・・・
障害福祉課でも現状を把握していなかったり・・・
今回も役員さんの努力は実を結ばなかった。
鹿児島に発達支援センターが出来るのはいつになるんだろう・・・
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-30 00:52 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(0)

500万人トーチラン (ボランティア募集)

スペシャルオリンピックのトーチランが9/12より全国各地で始まっています。
皆様の地域ではどうですか?伴走のボランティアを募集しているそうです。
500万人トーチランのHPで実施日や情報が確認できます。

6歳以上なら参加資格があるとの事。
させてみたいが、うちの殿は出来るだろうか・・・  やっぱり無理だろうなぁ・・・
だって火は怖いし、腕力ないし、500mも走ったことないし・・・
懐中電灯なら持てるけど、トーチなんか持ったら振り回して火事になるかも(爆)

●スペシャルオリンピックスとは~ www.specialolympics-nippon.gr.jp
●2005年冬季世界大会とは~ www.2005sowwg.com



知的発達障害のある人たちに、日常的なスポーツ・トレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間通じて提供し、社会参加を応援する国際的なスポーツ組織です。スペシャルオリンピックスの活動は、多くの市民ボランティアによって支えられています
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-28 00:07 | 情報・ニュース | Trackback(2) | Comments(4)

ビール一杯

昨日、つぼみ学級を終え自宅に向け車を走らせていると後部座席で殿が、
お、に、く、 お、に、く、 おにくぅぅーっ 」としつこく叫んでいた。
殿の声が聞こえたのか、そこへ療育園時代の友人家族から「焼肉食べにいきませんか?」と携帯にお誘いの電話があった。
5時に待ち合わせて、開店を待って焼肉屋へ。
殿はいつものように白ご飯を3杯食べた。ただしどんぶりで(笑)
そして食べ終わるといつものように「ごちそうさまでした」と言い、自分だけ先に帰ろうとする。
いつもなら父達は味などおかまいなしに食事のピッチをあげ口にはこぶのだが、今日は友人家族も一緒だし、他にお客さんもいなかったので子供たちに少し自由を与えていた。
殿が父の死角になっている厨房入口付近でなにやらやっている気配。
父が急いで立ち上がり見に行くと、いつのまにか殿はビールサーバーからグラスにビールをついでいて、そしてそのグラスを父に手渡してくれた。
たぶん偶然だろうけど、こんなことも出来るのかと驚いた。
すでに満腹だったけど一気に飲み干した。美味かったです。
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-27 23:58 | 育児の真似事 | Trackback | Comments(0)

つぼみ学級2004/09/26

a0020772_7474526.jpg昨日のつぼみ学級は運動会
会場の体育館に入ると殿は大はしゃぎ。
今回のサポーターさんはおとなし目の女学生さん。
殿はやっぱり初めから夏キャンプでお気に入りのF君を探し出し、かけよる始末。
担当のサポーターさんには申し訳ない、と思いつつ体育館を後にし、父は親の会へ出席。
 親の会 例会~
今回の親の会は協議事項が多かった。おかげで部会の時間がとれなかった。
父の住む鹿児島県では発達支援センターがまだ無い。九州ではビリらしい・・・
協会として行政に要望は出しているものの議会では継続審議の状態。
発達障害支援法の成立を待って国の補助金をあてにしているのだろうか?
各県の発達支援センターはどんな機能(役割)があり、どう利用されてるのか?
なんだかとても気になるなぁ・・・
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-27 07:46 | サポーター | Trackback | Comments(0)

TV番組

10月8日(金)19:30~19:55
自閉症啓発番組としてNHK総合「九州・沖縄リポート」で、「早期発見から療育、そして、高機能自閉症の取り組み」と題して放映されます。
佐賀のそれいゆさんの取り組みを取材しています。

自閉症協会鹿児島県支部のBBSでJUNpapaさんの情報です。
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-25 07:17 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(0)

なんで?

殿はビデオ等を見ていてお気に入りのシーンや音楽になると興奮して画面に額をこすらんばかりに顔を近づけてしまう癖がある。
先ほども「渡る世間は鬼ばかり」のオープニング曲でのりのりに踊っていた。a0020772_2285885.jpg
午前中、ほんの軽い気持ちから、父が使っている100円SHOPで買った腰痛ベルトで殿を椅子に固定してみると、しばらくそのままの状態で殿はビデオを大人しく見入っていた。
ちょっと可哀想かなと思い、ベルトを外そうとしたら、意外にも「いやぁあー」と言い拒否した。
何故か殿はベルトを巻いていたいようである。
じっとさせられるのは苦手の筈なのになんでだろう・・・
ちゃんと座るからビデオを止めるな ってことかしら・・・
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-23 22:29 | うちの殿様 | Trackback | Comments(1)

幼稚園入園

2001年4月11日 入園式

入園式が始まった。殿はそわそわして時々椅子から立ち上がり
うしろの保護者席にいる父達を見てはニコニコしている(前を向けーっ!)
職員紹介で保育士さんが園児達の前に一列に並びだすと
なぜか殿も前にすすみ出て担任のS先生の前に立ち会場をニコニコ見回す。
保護者席ではそんなハプニングを寛容に受け止めていたようだが、父はビデオをまわしながら顔があつくなった。
保育士さんに付き添われ席に戻りなんとか式を終えた(ふぅ...)

気になることもあった。
式が始まるまでの間、新入園児達は各クラスに集められていた。
が、教室に殿の姿はない。
殿は園庭で一人で砂遊びをしていた。
しばらく様子を見ていたが幼稚園の職員は誰一人気付く気配はなかった。
そのうち保護者と思われる女性が殿に近づき何やら話しかけているが、殿に相手にされず(笑)まもなく退散。
しかたなく殿を園庭まで迎えにいき教室へ連れていく。
こんなんで大丈夫だろうか?と少し不安になった。
1ヶ月後その不安は的中してしまうことになる。
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-22 04:39 | 殿のあゆみ | Trackback | Comments(0)

オーシャンドーム

a0020772_125097.jpg
昨日、宮崎入りしてこどものくにで遊んで今日はオーシャンドームに来ました。
殿はまだ着替え中の父達を更衣室に残して脱走。
着いて早々行方不明になった殿を探してインフォメーションに捜索願い出す始末。
すぐに見つかったから良かったものを。やれやれ・・・

補足:反省点
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-19 12:03 | 育児の真似事 | Trackback | Comments(3)

苦しまずにすむように

Excite エキサイト : 社会ニュース
■教員のたん吸引など容認 厚労省、盲ろう養護学校で


盲・ろう・養護学校で重度障害のある子供らに対し、教員がたん吸引やチューブを使った食事などの介助が、条件付きながら認められそうだ。
これまでは家族と医療従事者だけが許されていた。
が、これで学校で子供が苦しまずにすむようになれば、学校はもっと過ごしやすい場所になるんでしょう。
欲を言えば学校だけでなく療育園にも許可の範囲を拡げて欲しいものです。
たんがからんで苦しんでいる子は学校だけとは限りません。
殿が通っていた園には看護士の資格を持つ保育士さんがいましたが、園の規約上、吸引が出来ず母子分離中は母親を呼んでくるしかなかったと・・・
苦しんでいる子供を目の前にして親はもちろん、何もしてはならなかったM先生もきっと辛かっただろう。
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-17 23:01 | 殿父・『思』 | Trackback | Comments(0)