ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

カテゴリ:殿父のつぶやき( 67 )

ちゃんと保障してほしいなぁ

<互助会>知的障害者、入院時の支え 存続の危機

恥ずかしながら、つい最近まで知りませんでした。
知的障害があると保険に入れないとは

これまでは、自閉症協会の正会員さんなら、ASJ 互助会 を利用できますが
このASJ互助会も存続が危ぶまれるということで、署名活動がありました。

悪質な共済などへの対応の為に、ボランティアで運営されている互助会が無くなるのは困ります。特例措置などこれまでより負担が軽減される方向で制度が改革されることを希望します。これも発達障害者支援法の理念にかなっていると思うのですが・・・

しかし、そもそも知的障害が保険に入れない理由として正当なんでしょうか?
殿父には、少し理不尽に思えますが、これって世界共通かしら?
[PR]
by kilala2001 | 2006-02-22 04:15 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(2)

はるかな 特別支援教育

フォアミセス for Mrs. 11月号の『光とともに』の中で
学校側と面談する母親の姿が描かれていた。

悩みを真剣にとりあってくれない先生達に、
自分の子供でも、同じ事が言えますか?
のようなことを、LD児の母親は言った。


殿父の住む町の全小学校は特別支援教育のモデル校です。
こんな話を聞きました。

特殊学級に在籍をするB君は発達障害を持っています。
多動傾向があり、学校での離席は日常茶飯事。
最近は他害も目立ち始めていたそうです。

なんとかしたいと悩んでいるお母さんに、学校長は


はっきり言って迷惑です と言ったそうです。


      ・・・・  絶 句 ・・・・


こんな酷いことがどうして言えるのでしょう。
現場の先生の努力もこのような校長の前では徒労に終わってしまう。
私達、親にはどうすることも出来ないのでしょうか・・・

                                 無念
[PR]
by kilala2001 | 2005-10-27 22:41 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(12)

しずかな夜

今日、殿は宿泊学習のため家におりません。
この機を逃してなるものか、と 久し振りに殿母と二人で居酒屋へ。
いろんなことが周辺で発生しているためレスパイトとはいきせんでしたがちょっとした気分転換にはなりました。
殿がいない今夜はいつもと違って少し新鮮です。
今夜はゆっくり眠れそう。

最近、夜中に目が覚めます。
いつのまにか、殿を 腕枕 してます。
今朝目覚めると父の右頬に殿のあったかい足裏がピッタリとくっついてました。
そーっと 足を動かし頬から離してはみたのですが
すぐに足で父を探そうとしたのか?はずみで父の顔に 蹴り が入りました。
父は殿に虐待されているとです (TT)
でも今夜は殿は宿泊学習。 
ゆっくり眠れそうです。
[PR]
by kilala2001 | 2005-07-06 23:27 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(8)

殿の 『 問題行動 』

どうも最近、変だと思っていた。

朝、起きて奥さんに確認をしてみると
奥さんも気付いていたらしい。
残念ながら、父の気のせいではなかった。
今回は、殿の 問題行動について話そう。

殿の寝相の悪さについては以前、触れたかと思う。
夜中にいきなり ” かかと落とし " をくらうのもスリリングではあるが
今回の問題行動に比べれば寝相の悪さなど可愛いものだ。


殿のこの問題行動は真夜中に起こる。

ふだん殿をみる限りは、そうでもないのだが
夜中は不安になるのか、殿は無意識に寝ている父達の身体を触ってくる。

以前は身体の一部が触れていれば安心していたのだが、今は違う。

殿が寝返りをうつと、腕が父の咽喉元にあたる。
殿はぐっすりと眠っているにもかかわらずその手は、父のあごをのぼり、感触が良いのか、くちびるをつまんだりして手遊びをしている。

ここまではいい。

父も眠たいから、好き放題にやらせておく。

問題はここからだ。

父のくちびるで遊んでいるかと思いきや

今度は父の鼻の穴に指を 突っ込んでくる!

父は顔をのけぞらせ鼻の穴から指を引っこ抜く。

しかし殿はその指を、すかさず父の口の中に押し込んできた!

「 ぺっ ぺっ  (なにしやがんだ、このやろー!)」



奥さんも やられているという・・・

うーん 問題だ ・・・
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-02 23:15 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(9)

昨日の出来事

最初が肝心ということで新担任と話をした。
以下次の通り(一部演出あり)

父 「 せんせい、 IEP って・・・  」

担 「 ん?・・・・・・・・」

父 「 えーっと IEP っていうのがあってですね ・・・・・」

担 「 はぁ 」

父 「個別指導計画 って言うんですけどね。ご存知ですか?」

担 「 いやー 聞いたこともないわ ^^ 」

父 「 そうですか そしたら えーと  えーと  えーと ・・・  」


 おねがい! だれか 夢だよ って言って ・・・

a0020772_02836100.jpg

[PR]
by kilala2001 | 2005-04-12 23:58 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(8)

4/11 今日の出来事

殿は小学二年生になりました。
そして今日は”なかよし学級(特殊学級)”の開級式。


職員室の横を通り、教室に向かう。

(ドキドキ)

廊下から教室をうかがうと・・・・・・   い、 いた!

は、

は、

初めて見る担任の先生は・・・・・・・

a0020772_2222610.jpg


とっても 気さくな 感じが ・・・・・・・・・・・・ 素敵!  ( かも・・・)
[PR]
by kilala2001 | 2005-04-11 22:04 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(5)

はるやすみ

新学期が始まる前に、

サポーターノートの内容をしっかり煮詰めなきゃ・・・


あ~  でも  なんか 落ち着かない


a0020772_7374435.gif





(  くめくめ。さん風に ログってみました ^^  )
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-31 07:43 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(2)

ボウリングにチャレンジ

今日は殿にボウリングをさせてみることにした。
前日、電話で確認をした営業開始の10時に行く。
オープン直後というのに既に45分待ち。
( 予約状況まで確認するべきだった・・・)
およそ45分後、レーンが空き、ボウリング開始。なんとか殿は待てた。
殿にしてみれば2年ぶりになるだろうか、すっかり忘れておられる。
奥さんに付き添われての一投目は、子ども向けに現れるゴム製のロープを乗り越えガターにひっかかる。係員がとってきてくれたのでもう一度やり直す。
が、止める間もなく殿は床に置いたボールを蹴る(サッカーじゃないっての!)
二投目はなんとか両手で投げ(転がし)て、計7ピン倒しました。

と、その直後

意識はしっかりしてるんだけど、父の身体はフラフラする。なんか変な感じ。
ふと見上げると頭上のこんなもの↓が激しく揺れている。
a0020772_2083681.gif

” じ、地震だ!”
ぐらり、ぐらり と揺れている感じ。 けっこう ながく揺れている。
何人かが気付いたが、大多数はプレーを続けている。情報はなにも入らない。
アナウンスもない。ホールの係員に「非常口はどこ?」と訊ねても返事も無い。
大丈夫か?このボウリング場。危機管理はどうなってるんだろう。
とにかく、緊急脱出に備えてプレーを中断し、しばらく様子を見守った。
  (この時の地震は当地では震度2~3と判明。現在も余震発生中)

この中断で、残念ながら 殿はくずれてしまった。
2フレ目以降、殿がボウリングをすることはもうなかった。
最初からボウリングへの興味は薄かった。それを、騙し騙し連れてきたけど、この中断で好奇心も集中力も切れてしまった。
手をかえ品をかえ、プレーに誘うけど、殿は拒否反応ばかり。
あまりの拒否に父もつい、きれて怒ってしまった。 (反省)

もっと父にスキルがあったならこんなことにはならないだろうに・・・
[PR]
by kilala2001 | 2005-03-20 21:05 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(7)

どうしましょ・・・

奥さんが校区のママさんバレーの大会に参加することになり、練習の為
8日と13日の夜、殿と二人で留守番する予定だったのだが
急遽、父に仕事が入り留守番出来なくなった。
練習も含めママさんバレーの大会に参加することは地域の中で活動する
絶好の機会なのだが、殿の相手をしてくれるが見つからない。
ホームヘルプサービスを利用するしかないのか・・・
[PR]
by kilala2001 | 2005-01-07 07:30 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(0)

お礼

殿父blogにご訪問頂きまして毎度ありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いします。


More
[PR]
by kilala2001 | 2004-12-30 23:15 | 殿父のつぶやき | Trackback | Comments(0)