ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

カテゴリ:殿のあゆみ( 6 )

今日の歯みがき

a0020772_2230499.jpg
今夜は殿の歯みがきは

PROSPECなるものを使ってみました。

歯垢を染める染色液です。

歯医者さんに売ってるかもしれません。

a0020772_22311653.jpgちょこちょこっと歯に塗ってやるとご覧のとおり。

殿は真っ赤に染まった歯が気になるのか

いつもの何倍も丁寧に歯みがきをしていましたよん060.gif

歯のスキマ用の『ワンタフト』もオススメです!
[PR]
by kilala2001 | 2010-08-08 22:56 | 殿のあゆみ | Trackback | Comments(0)

入園してまもなく

入園して一ヶ月くらいたったある日、父が帰宅すると殿の唇に傷跡があった。
( どうしたんだろう・・・ )
傷のことは連絡帳には何も書かれてはいない。
数日後、同じ園に通う女児から「いつもやられてるよ」と奥さんが聞きつけ
幼稚園で殿がいじめを受けていることをようやく知った。
こんな小さな子供達の中でも暴力があることにショックを覚える。
と同時に、見も知らぬ子供に憎しみが湧く。
障害ゆえにイジメられる我が子を思う時、不憫でたまらない。
[PR]
by kilala2001 | 2004-10-05 20:51 | 殿のあゆみ | Trackback | Comments(0)

幼稚園入園

2001年4月11日 入園式

入園式が始まった。殿はそわそわして時々椅子から立ち上がり
うしろの保護者席にいる父達を見てはニコニコしている(前を向けーっ!)
職員紹介で保育士さんが園児達の前に一列に並びだすと
なぜか殿も前にすすみ出て担任のS先生の前に立ち会場をニコニコ見回す。
保護者席ではそんなハプニングを寛容に受け止めていたようだが、父はビデオをまわしながら顔があつくなった。
保育士さんに付き添われ席に戻りなんとか式を終えた(ふぅ...)

気になることもあった。
式が始まるまでの間、新入園児達は各クラスに集められていた。
が、教室に殿の姿はない。
殿は園庭で一人で砂遊びをしていた。
しばらく様子を見ていたが幼稚園の職員は誰一人気付く気配はなかった。
そのうち保護者と思われる女性が殿に近づき何やら話しかけているが、殿に相手にされず(笑)まもなく退散。
しかたなく殿を園庭まで迎えにいき教室へ連れていく。
こんなんで大丈夫だろうか?と少し不安になった。
1ヶ月後その不安は的中してしまうことになる。
[PR]
by kilala2001 | 2004-09-22 04:39 | 殿のあゆみ | Trackback | Comments(0)

殿の入園先を探して

A園に楽しそうに通う殿にもっと多くの集団の中での刺激を受けさせたいと考え
年が明けた2001年から(うちの奥様が)いくつかの保育園、幼稚園を訪ねてみた。
殿が住むこのあたりには近隣から7~8の通園バスが送迎にくる。
父たちは何処か一つは受け入れてくれるだろうと呑気に考えていた。
まず訪問したのは体験など保育経験をしたことのあるI保育園とT保育園。
発達障害があること、偏食なことを告げ、園側の受け入れ体制を聞いてみた。
二つの保育園とも、「うちでは無理かも」とやんわり断られた。
ちょっと前まではにこやかに受け入れてくれたではないか!と多少腹が立つ。

つづきはここをクリック
[PR]
by kilala2001 | 2004-08-31 23:56 | 殿のあゆみ | Trackback | Comments(0)

療育園入園

2000年12月、殿はA園の開園にあわせ入園。
A園のスタッフは園長と3人の保育士さん。
系列の保育園から選りすぐりの保育士さんを集めたと聞いた。
週に一回の療育だが、殿はあそび場が増えて大喜び。
ただサーキット遊び等、体を動かすのは大好きだが、粘土こねや絵の具遊びは
感触が苦手なのか やろうとはせず一人お気に入りの絵本などめくっていた。
自分の興味のないことをやりたがらないのは今でもあんまり変わらない(笑)

つづきはここをクリック
[PR]
by kilala2001 | 2004-08-26 23:26 | 殿のあゆみ | Trackback(1) | Comments(1)

2000年10月5日(火)のこと

市内の児童相談センターに殿を連れて行きいくつかの検査をした結果
ドクターに「自閉傾向のある、広汎性発達障害と思われます」と言われたが
ピンとこず、どういうことかと訊ねると
ドクターは 「わかりやすく言えば、知恵おくれです」 と言った・・・

他の同年齢の子供に比べ言葉が出てこないから、もしや・・・とは思っていたが
はっきり告知(?)されると、やはりショックだった
障害」と言われるより「知恵おくれ」という言葉にうちのめされた。

へんな子だなぁ、と思ってはいたが、殿を育てにくいとは思わなかった。
その夜はいろいろ考えて全然眠れなかった。明け方ちかく
 『 人から哀れに思われようが誰が何と言おうと自分はこの子が好きだ 障害なんか関係ない この子を守るのは自分達だ 自分はこの子の親なんだ 』
 そう思った。
[PR]
by kilala2001 | 2004-08-24 23:23 | 殿のあゆみ | Trackback | Comments(0)