ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

秋はやっぱり運動会

昨日は殿の運動会でした。

運動が苦手な殿にとって”運動会”はストレスイベントです。
ルール性の高い団体競技は、殿にはハードルが高過ぎる・・・
去年は運動会の練習が嫌で学校へ”行きしぶり”していたから
例年やってた家庭での練習も今年は一切やりませんでした。

ところが、殿父らの心配をよそに、担任の話によると
苦手な体操服に自ら着替え、練習にもすすんで参加したのだそうです。
団体競技はともかく、かけっこ、学級対抗リレーは
ひょっとすると、バッチリ走れるかもしれない!、と
先生達の期待は日に日に膨らんでおりました。
で、曇り模様の運動会当日。        
                            
  
                        
                           
先生達の期待はみごとに裏切られました。
殿父達は「やっぱりー 」でした
かけっこでは、いつものようにスタート合図のピストルを嫌がり
両手で耳をふさぎながら自分の順番を待っていました。
そしていよいよ、殿の順番。
号砲が消えるのを待って、少し遅れてスタートしました。
と思ったら、コースアウトして放送席のあるテントの中へ逃走!
 ( だめだこりゃ・・・)
リレーではバトンを受け取った途端、よそに放り投げる始末。
もう、笑うしかありません
本番に弱いのは家系です。
先生、期待に添えなくてゴメンナサイ
でも申し訳ないけど楽しかった。

a0020772_1044434.gif テント内での待機中の様子です。

先生が、現在の進行状況や次の出番までスケジュールをこまめに指し示し、見通しを立てて下さいました。 
おかげで殿は殆ど離席することもなくお友達と運動会を過ごせました。
殿の周りには面倒見の良い児童や殿父からみると「もしかしたら、この子も持ってる?」って児童がいたりして、先生が殿に対する”見通し立て”を覗き込んでは本人達も改めて納得したり、特別支援学級に籍をおく殿と上手に関わっている様子を見ていると、子どもの力(キャパシティ?ポテンシャル?)はすごいなぁーっと感心しました。
同時に、殿の持っている教育的ニーズに対応して頂き感謝です 
[PR]
by kilala2001 | 2007-10-08 13:06 | うちの殿様 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pochi.exblog.jp/tb/6279489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りんご at 2007-10-09 16:01 x
殿&殿父殿、運動会おつかれ様でした!
練習のとき、一生懸命できたんだからもう、花丸ですよ。
来年はきっといけますよ。きっと!

それと秋に運動会なのがいいな。って思います。
うちのほうは初夏に行うので、先生との連携が上手くとれないことも
多いので・・・。
先生、スケジュールを熱心に教えてくださっていいですね。素敵。

ではでは。
Commented by 殿父 at 2007-10-10 07:47 x
>りんご 様
こんにちはー。
殿にとって運動会が楽しい行事になってよかったです。
練習も大事な交流ひとつですもんね。
先生がよく頑張って下さいました。ありがたいです。

一学期中に運動会をする傾向にありますよね。
当地では残暑が厳しくて児童も保護者も汗だくだくで大変でした。
涼しい運動会に憧れたりするのですが、逆に連携不足もあるんですね。
ありがとうございます。
Commented by たかのまま at 2007-10-10 10:06 x
すごい。こんな支援をしてもらえるなんて。うちでもしてもらおうっと。スケジュールを見てみたいですね。息子は離席しまくりです。運動会を見ても楽しんでいないことが原因かな。先生は支援の仕方をよくご存知の方なんですね。
Commented by 殿父 at 2007-10-11 00:54 x
>たかのまま様
こんにちは。 今回の対応は殿のニーズに添ったものです。
4月以降、担任と殿母がことあるごとに話し合ってきたことの延長線上に実現されているものと考えて下さいね。
それと、殿とたか君とはニーズに違いがある筈ですから、たか君のニーズにあった対応があると思うんですね。どんな支援方法がたか君にフィットするのか、先生方によく相談されて下さいね(^^)
Commented by 奥パパ at 2007-10-25 20:21 x
運動会お疲れ様でした。個別の教育支援を先生と協働して実践されたところは,さすが殿ファミリー!スケジュールを作成することはできても,運動会という大舞台で実働できたのは,日ごろからの取組があってのことですよね。
安心できる人,安心できるツールがあってこその成果だったのではないでしょうか。殿君にとって便利なツールが,実は他の多くの子どもたちやもしかすると大人にとっても便利である。このことが理解してもらえると,特別支援教育がもっと広がりやすくなるんでしょうね。
Commented by 殿父 at 2007-10-26 00:24 x
>奥パパ さま
 毎度です! 例によって殿父はビデオ係りでした。
ぶっちゃけると殿母に全部、丸投げしている肩身の狭い親父です (^^ゞ
日頃から特担と殿母のコミュニケーションがとれていたので、運動会の目標もニーズも共有できたのが殿には良かったみたいです。
事前にサポーターノート上で意見交換が出来たのも良かったです。

考えてみると、殿のニーズへの対応は、限られた教員数をやりくりをしないと実現出来なかったことになるわけで、つまりそれは、学校全体で配慮されていることになるわけで、親として気付かねばならないことなんですよね。
今回、我が子の周囲を見て、接し方を含め、さりげない配慮のあり様に”特別さ”を感じさせない特別支援の姿を見たような気がしました。
<< 講演会ツアー ① 10/21 秋はお勉強の季節  でもありま... >>