ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

どう理解したらいい? その子の生き様を知るってこと?

a0020772_22371112.jpg
『心からのごめんなさいへ』

一人ひとりの個性に合わせた教育を導入した少年院の挑戦


 品川裕香著  中央法規出版 ¥ 1,995 (税込)




学校の先生や支援者に読んで頂きたい一冊です。 是非!
LD指導の視点を導入した矯正教育の軌跡を描いた本です。
と言っても、発達障害と犯罪の関連性を書いた本ではありません。
むしろ
発達障害と犯罪の関連性の無さに着眼していると言えるかもしれません。
この本には、発達障害への深い理解があります。
”軽度発達障害児者 = 犯罪予備軍 ”という誤解を一掃してくれそうな気がします。

心にとまった事を少しだけ紹介。

P112 「大事なことは深い受容だ。言葉を受け止めるといった作業だけではこの深い受容にはならない。」

P113 「何が変わったって、自分が変わったんです。院生たちを理解する"新しい目”が自分の中に生まれた。」

P129 「もしかしたら自分は少年の姿など正しく理解してこなかったんじゃないのか・・・・・・」

P155 「この感動が次の指導につながっていくんですよ。」

P248 「やはり罪を犯してから、少年院に入ってからでは遅い。家庭や学校、地域が連携して、いかに一人ひとりのこどもを理解し、支援しようと努めるか。その努力が少年の健全育成への一歩に、そして加害者も被害者も出さない社会につながると考えます。」



我が子だろうが、よそ様の子だろうが、分け隔てなく愛情を持って、一人ひとりの育ちに向き合い寄り添うことの大切さを考えさせる本です。

世間ではイジメが再び問題視されています。本著でも「いじめ」はキーワードの一つになっています。著者の品川裕香氏は、『いじめ緊急アピール』を出した安倍首相の諮問機関「教育再生会議」の委員です。 とにかく期待したい。

P.S. 本の中に登場する小栗正幸氏が当地で来月講演されます。
親の会「てんがらもん」さんの発足10周年記念講演だそうです。
なんとも素晴らしい企画! ありがとう、 てんがらもん さん!
殿父はもちろん聞きに行きますよー!

*slow life* 『見方、感じ方』 
[PR]
by kilala2001 | 2006-10-27 00:05 | 障害 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://pochi.exblog.jp/tb/4578129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from *slow life* at 2006-10-30 11:49
タイトル : 見方、感じ方
小学校でちょっとした役員会のようなものがあったんです 先生、一部の保護者、地域の民生委員や自治会長、警察官や中学の校長などが集まって 子供の生活指導について話し合う場面でしたが 教育に携わる人、そうでな... more
Commented by mari at 2006-10-28 16:20 x
とても興味深く記事を拝見しました!
その本、読んでみたいなぁ・・・・今度探します

深い受容の大切さ、わかる気がします。
でもまだ自分自身もちゃんとできているのか自信ありません。
だけど、2年前の診断前と今では、何が変わったって
やっぱり私の気持ちがいちばん変わった気がしますね。
以前は、どうやって息子を変えるかしか考えてなかったですけど・・・。

こんな素敵な記事にトラックバックしていただいて・・・ありがとうございますぅ★
Commented by 殿父 at 2006-10-29 08:18 x
mari さま
今回と前の記事のキッカケは、mari さんの記事『見方、感じ方 』です。
軽度発達障害児は支援の谷間に居ると言われてきました。
その背景には理解の不毛があるのでしょうね。
親も先生も現実にどう捉えてかかわっていいのかわからない。
特に普通の周囲の方々においてはなおさら理解しにくいですね。
mari さんの記事は表現が優しくてスンナリと入ってきました。
読書が苦手になってきている殿父ですが、この本のリアルにどんどん引き込まれていました。おすすめですよ(^^)
Commented by 殿父 at 2006-10-29 08:24 x
テレビ等を見ていて、思うことがあります。
「勝てば官軍」「正直者がバカをみる」といった勝ち組の論理です。
高校の履修不足問題は、合格させる事を優先させた身勝手な卑怯な行為だと思います。
ルール通りに勉強してきた他の学校生徒を欺く行為です。教育に携わるものが不正行為を身をもって教えてどうするつもりだったのか? 
それは教育的行為と言えるのか?
こういった不平等の実体験が間接的に、障害への誤解や差別を生む意識・文化・風土を形成していくような気がしてなりません。
<< 転ばぬ先の杖、備えあれば憂いなし。  正しく知ってもらうことが、理解... >>