ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

おくすり

まさるママ記事を読んでいて
「まさる君、飲める薬があるんだ。いいなぁー」って思っていたら
我が家でも、嬉しいことがありました。

うちの殿はもともと アトピーちゃんでした。
生後まもない頃から、痒みに悩まされ、これが赤ちゃんの顔かと思うくらい顔中血だらけになったり、アレルギー性鼻炎と肥満の為、夜中に30秒以上呼吸が止まることもしばしば。いわゆる睡眠時無呼吸症候群です。そのため、7年くらい抗アレルギー剤(粉薬)を飲み続けています。

この白い粉の抗アレルギー剤はさすがに慣れているのですが、風邪をひいて、見慣れないお薬が出された時はもう大変。殿は口を頑として開けない。甘いシロップ風だろうが、オレンジ色の粉末だろうが一切受け付けない。殿母が格闘すること数十分、泣き喚きながらも観念して薬を口の中に一度はふくむけど、殿はすぐに薬を吐き出してしまう。殿母の顔が般若の顔に変わっていく・・・(恐っ)

先週から我が家は全員(と言っても3人だけど)風邪をひいてます。
殿も父に似て扁桃腺が弱い。
かかりつけの薬局から初めて錠剤の薬が出ました。

”たぶん、飲まないだろうなー”
と思いながら、様子を見ていると
殿母の掌から3種類の錠剤を一つずつとり、水で流し込みました。

”つ、ついに殿が錠剤を飲んだ!”
しかも嫌がらず自ら。
どうやらこれで面倒な粉薬から卒業出来そうです。
さらば粉薬!

昨年、錠剤にも慣れさせようと殿父愛用の ビオフェル●ンS錠 を飲む練習をしたけれど、殿は嫌がるばかりで仕方なく錠剤を飲む練習は休んでいましたが、この時の練習が良かったのかもしれません。
粉薬はどうしても飲む時に味がするのに比べ、錠剤は飲み込む感覚さえクリアすれば味はわからずにすみます。
まだまだ油断は出来ませんが、なにはともあれ良かった
[PR]
by kilala2001 | 2006-02-05 13:03 | うちの殿様 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://pochi.exblog.jp/tb/3144481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 我が家の自閉症アイドルま.. at 2006-02-06 20:09
タイトル : お薬苦労話
幼少時代、まさる君にクスリを飲ませるのには苦労しました、、、。 薬が嫌いな子でして、一度ジュースに混ぜて飲ませたら、それ以来ジュースはあまり飲まなくなったし、アイスクリームに混ぜて食べさしたら、すぐ ペ!! と口から出してしまうし、、、   薬を飲みや....... more
Commented by まさるママ at 2006-02-06 20:08 x
トラックバック、ありがとうございます♪
何はともあれ、錠剤を飲めたのですから、殿君の中で錠剤のイメージが変わってくれると良いですよネ・・・
きっかけなんですよネ、、何事も
まさるは、まだシロップと粉薬ですよ
錠剤なんて夢の話かも
このビオフェル○ンは練習用に良いのですか?
Commented by 殿父 at 2006-02-06 22:15 x
まさるママ様
 なにかのきっかけで今まで出来なかったことが出来てしまったり、何がさいわいするかわかったもんじゃありません(笑)
まえに試した時は全然ダメだったけど、いつのまにか?どこで覚えてきたのか?出来るようになっていたりとかありますよね。

>ビオフェル○ンは練習用に良いのですか?
殿母のアイデアです。甘くも苦くもないし、便秘がちな殿にはうってつけです。おならも少しマイルドになるような・・・  (爆)
Commented by 瀬戸口裕二 at 2006-02-07 10:42 x
ご無沙汰しています。
支援センターの将来が楽しみですね。
微力ですが,お手伝いさせてください。

南日本新聞から記事が届きました。なんだか面はゆいような気がしますが,理解を広げるための露出は仕方ないかなとも思っています。

昨日,明治図書から書籍を出版しました。自閉症協会宛に贈呈するつもりですが,明治図書のHPで立ち読みしてみてください。
ご意見いただけると幸いです。

http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/shosai.html?bango=4%2D18%2D062835%2DX

Commented by 殿父 at 2006-02-08 07:54 x
瀬戸口裕二 さま
 新聞記事読みました。 たしか、反省会の翌日が取材でしたね。
切り口が瀬戸口先生らしいなぁ、と感じました。
なんだか記者さんとのやりとりが目に浮かぶようでした。 
障害者との関りが幼い時分から生活の中にないがために、東横インの社長のような無理解な方が巷に居る事を残念に思います。

さて、新刊のご紹介、ありがとうございます。
あらためて記事として紹介させてくださいませ。
専門家の瀬戸口先生にご意見など恐れ多くて・・・
とりあえず、少しお時間を下さい。
ではでは。
<< 新刊 ご案内 祝 開設! >>