ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

『 特殊教育に専門免許 』

朝日新聞記事『特殊教育に専門免許、50年ぶり法改正 文科省方針

特別支援アシスト倶楽部『ニーズの森』ログ:「教育職員免許法の改正」にTB

 なんでも半世紀にわたり、ほったらかしにされていたらしい。
記事によると、盲学校で31.5% 、ろう学校で38.5% 、養護学校で41.8% の先生が特殊教育免許を持たないのだそうだ (おそらくこの中には交流事業で赴任されている先生も含んだ数字だと思われる)。
これまで支援の対象外になりやすかったLD、アスペルガー症候群、ADHD等の子供達にも対応しようということのようだ。時代の流れを感じる。
しかし、よく50年間も手付かずで放置していたものだと、感心します。 当時の小学生は今や60歳前後になっているだろう。その人達はどんな人生を歩んでこられれたのだろう。この法改正が子供の豊かな成長に結びつくものと信じ、歓迎したいと思います。
 私達障害児の保護者は、熱心に勉強をしていて、一生懸命にわが子に接してくれ、親と一緒に泣いたり喜んだりしてくれる先生ならば本当は免許なんか無くったってかまわないと思っているのではないでしょうか。
教えることもたしかに大切。でも、育ちをともに喜び合える先生でもいて欲しい。
 特殊教育免許を取るためには、大学卒の場合、小中学校などの普通免許状に加えて特殊教育に関する科目について23単位を取る必要があるようです。取得単位が増えるからと言って特別支援教育を志す若者は減ったりしません。志ある若者が教育現場に出られないのが現状なのではないでしょうか。また、すべての教師に最低限の知識を持ってもらうには普通免許の場合でも、あらたに特別支援教育概論のような単位取得を必修化して欲しいものです。ついでにボランティア経験も採用の考慮に加えて欲しいものです(インターンシップ制)。

文部科学省
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-16 22:01 | 情報・ニュース | Trackback(1) | Comments(15)
トラックバックURL : http://pochi.exblog.jp/tb/1939262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 自閉症児とともに、気まま.. at 2005-05-17 17:03
タイトル : 気にニュー5
みなさま、こんにちは。ニュースの時間です。自閉症の名称どれも却下されそうなものばかり、いろんな名が浮かんでは消え・・・(笑)で、もうひとつ!全国初!いいぞ、徳島!わが県もこれに、つづいてくれぇー。名称変更よりも魅力的。(笑)殿父さんの記事に教員免許についてのことが書か... more
Commented by まさるママ at 2005-05-17 18:56 x
>私達障害児の保護者は、熱心に勉強をしていて、一生懸命にわが子>に接してくれ、親と一緒に泣いたり喜んだりしてくれる先生ならば本当>免許なんか無くったってかまわないと思っているのではないでしょうか

同感です、子供も愛情一杯持って接してくれる先生には応えようとしているもの、見ててわかります(^^♪。

些細な成長でも一緒になって喜んでくれる先生、私はそれだけで十分嬉しいです。
Commented by もん母 at 2005-05-18 00:17 x
そう、そう、そうです。
免許がどうとかよりも、知識があるとかよりも、この子を好きになってくれるかどうか、ですよね。
まったく同感です。
子供は敏感ですからね(^^ヾ

Commented by 殿父 at 2005-05-18 07:13 x
>まさるママ様

先生を目指す学生ボランティアさんは、みんな子供が大好きです。
障害の向こうにある子供の純粋さに触れ、理解を深めようと努力するその姿にもピュアなものを感じます。
まさるママさんの言うとおり、心を開き合えば通じ始めるんですよね。
見ている親もそれがうれしい。
”わかってくれている”と思えるだけでも気持ちが楽になるんですよね。
Commented by 殿父 at 2005-05-18 07:29 x
>もん母さま

たぶん、学校には「いい先生」っていっぱい居るんですよね。
担任ではなくても、わが子に声をかけてくれ、気にかけてくれる先生。
子供が好きで仕方がないっていう、保育士さんみたいな気持ちの先生。
先生だけじゃなく、用務員のおじちゃん、図書のお姉さん、購買部のお嬢さん、保健室のおばちゃんとか、もうみんな先生みたいなもの(笑)

誰かがわが子を大事に思ってくれると、もう無条件にその誰かを許容してしまうのはあまりにも安直ですかね~ (^^)
Commented by 大魔人 at 2005-05-18 13:03 x
先週末、養護学校にノートパソコンを1台寄付したときの話

パソコンが大好きな自閉症の長男が
入学してから1年やってきたパソコンクラブ
「パソコンの台数が少ないため、今年はパソコンクラブ入部は難しい」
ひと月前に、奥さんが学校で言われてきました

たまたま、自宅にあったWin95のノートパソコンを
インターネットに接続できるようにして
教育用ゲームソフトを入れて
フリーのウィルス対策もして
納品

担当の教員が居ないとの事で、
インターネットの接続テストをしたいと説明するも
LANやハブのことがぜんぜんわからず
どの程度、理解していただけたのか
不安なまま、パソコンを置いて帰ってきました。

特殊教育の教員育成も大変必要なのですが
特殊教育に限らず、これからの教員は、
パソコンスキルをもっと学んで
インターネットアクセスのスキルは
最低条件にしていただきたいと
感じた、一日でした。

このページも、IEのお気に入りに入れておいたけど
見てくれるでしょうか?
Commented by しゅうちち at 2005-05-18 18:59 x
殿父様 はじめまして。

読みながら思わずうなずいてしまいました。
ハート(気持ち)があれば知識なんて、
あとから勝手についてくると思います。
息子は今療育中ですが、私達にとっては
かかわってくれる人みんなが「いい先生」です。
Commented by はじめまして at 2005-05-19 00:02 x
政道といいます
2歳9ヶ月になる一人息子が最近自閉症であることがわかりいろいろなサイトをみては勉強させてもらっているところです。
自閉症関係のサイトは多いですが、男性のサイトは少ないので興味深く見させてもらいました。
中身が濃いのがすごい印象的です。
書かれていること一つ一つに共感できました。
さて、殿父様は日本自閉症協会に入っておられるよですが、
最近僕も、岡山県の自閉症協会(僕の住んでいる県です)への入会をしようかするまいかとなやんでいるところですが、入ってなにか良かったこととかありますでしょうか。
よろしかったら参考までに教えてください。
またこさしてもらいます。
ありがとうございました。
Commented by 政道 at 2005-05-19 00:04 x
名前のところに「はじめまして」と入力してしまいました。
しつれいしました
Commented by 殿父 at 2005-05-19 06:41 x
>大魔神さま

ずいぶんまえの話ではありますが”IT社会”と盛んに叫んでいた森総理大臣の頃、教師になった同級生が夏休みに、インターネットやメールの送受信など研修しておりました。
昨年、参加した特別支援教育研究大会では、パワーポイントを皆さん使って発表されておりました。
今は小学生もパソコンに触れる機会あるので10年後はPCを扱えない人は殆んど居なくなるかもしれませんね。パソコンの普及率も高くなってきたようですし。
Commented by 殿父 at 2005-05-19 07:15 x
>しゅうちち様

はじめまして。相性ってどうしてもあるとは思いますが、こちらが初めから好意の雰囲気をもっていると良い関係を築き易いのではないかと思います。 初対面の方にたいしては、第一印象はどこかに置いといて、強制的に「この人いい人かも!」と自分で思い込んでいます(笑)
「いい先生だな」って思っていると、顔に出ちゃって、それが先生にも伝わるのかもしれないですね。それで良い関係が作れるといいですよねー。
 
Commented by 殿父 at 2005-05-19 07:47 x
>政道さま

はじめまして。よろしくお願いします。
昨年、殿が療育園を卒園し、小学校に進学しました。その以前から考えてはいました。奥さんは療育園時代の母仲間がいますが、父はネットワークが無い、と。
協会県支部のひこーきパパさんとはネット上で交流があったこともあり昨年6月に見学に行き、そのまま入会になってしまいました。もうすぐ一年になります。鹿県支部では、いろんな事を経験させて頂きました。
 このブログは県支部の方も閲覧しているので、あまり大きな声では言えませんが(笑)、入会して良かったことは、いろんな先輩に出会え、支援者とも面識が広がったということが言えます。ついでにいうとブログネタもたくさん頂戴しております(爆) 
Commented by さるたこ at 2005-05-22 01:25 x
はじめまして。
養護学校教員免許は持っていますが、教員にはならずにピアノの先生をしているさるたこと申します。

実際、教員の良し悪しは免許の保有じゃないのは確かですが、採用する教育委員会の方でも適当だったのは事実。
聞いた話や知人の事ですが、「特殊で受験したのに中学校から採用が来た」「中学校で受験したのに特殊から採用が来た」「小学校の免許が無いのに小学校から採用が来た」等いろいろあります。
何のために校種別々で採用試験を実施しているのか?という感じですよね。

かえって「免許保有が条件」と決めてくれた方がいいのかもしれませんね。
Commented by kilala2001 at 2005-05-22 23:26
>さるたこ様

はじめまして。教育委員会の人事に関してはよくわかりませんが、頭の固い部門という印象を勝手ながら持ってます( 教育委員会関係者様、すいません )。ルールあっての組織運営とは重々承知してますが・・・。

 さるたこさんのコメントは俄かには信じられませんが、もし本当ならば、どんな意図を持って人事を行っているのか見当がつきませんね。それとも単なるミスでしょうか?うーん、わかりませんねー。 
知人から聞いた話ですが、当県では小中、両方の免許を持っていないと採用されないとか。少子化の影響もありますます狭き門になっているようです。その分、きっと素晴しい人材が採用される筈です。よね・・・(殿父)
Commented by さるたこ at 2005-05-22 23:45 x
先のコメントでの信じられない様な採用話は、1・2番目は知り合いの先輩から、という又聞き話。3番目は私の友人(北○道)が実際にそうでした。
講師でも本当にいろいろで、中学の免許だけなのに小学校で教えている後輩(関東の人)や、免許外の科目指導等、当たり前です。
私が中3の時の社会の先生は、前年時数学と技術を教えていたので「先生の担当はどれが本当なんですか?」と聞いたら(嫌な中学生・・・)「社会です」との答えが!ちなみに教員数が少ない僻地校ではなくて、学年10クラスもある学校なんですけど。

我が東北最果ての県の今年の教員採用試験の要項を見たら、相変わらず特殊教育のほうは『特殊教育免許の有無は関わらず、小・中・高の免許があればよい』なんて書かれてました。
まだまだ田舎ですね。

そちらの県では複数の免許を所持してないと採用されないようですが、そのくらいの方が熱心な人が受験するかもしれないし・・・。
Commented by 殿父 at 2005-05-23 07:40 x
>さるたこ様

現状は、まだまだニーズには応えられていないのですね。
学校現場が校長のリーダーシップに大きく影響されるのと同様に、教育環境を整備するのはリーダーである知事の責務と考えられます。
鹿県知事の伊藤さんは、低学年の1クラス30人制を導入しました。
が、障害児の教育環境の整備は不十分と言えます。
本土、最北端と最南端は中央から遠く離れ、経済優先の政策も理解出来ます。 が、
子供の成長は待っててくれないということも忘れないで欲しいですね。
<< ラジオで 春キャンプ2 >>