ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

なんと、6割の保健師は理解不足 だとさ!

『保健師6割が理解不足 日本自閉症協会調査 』
『自閉症 保健師の65%理解不足 協会、厚労省に研修改善要求』

これは、本当なのでしょうか?
たぶん、本当なのでしょう・・・
よわりましたなぁ・・・
はてさて、いかがいたしましょう。

どうしてこのような事態が発生するのでしょう?
学習会で見かける保健師さんもたくさんおられるのですがねぇ・・・

やっぱり、実体験のないところに真の理解はありえないのかもしれません。
無念なことですが・・・

と、さじを投げてはイケマセンね。

みんながHAPPYでいられるように、前向きに、、れっつら、ごぉー! です。
[PR]
by kilala2001 | 2005-05-10 20:21 | 情報・ニュース | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://pochi.exblog.jp/tb/1921865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jasmine papa at 2005-05-11 15:16 x
僕も見ました。
ショックでしたが、このぐらいなんだろうな、という実感もします。
公的機関は競合する会社がないぶん、サービスのレベルをどうやって維持していくのか難しいですよね。
Commented by シュウウンパパ at 2005-05-11 15:43 x
 このことは西日本新聞にも取り上げられていました。
 その記事には『三歳児健診で自閉症の可能性を把握できるかどうかについて60%以上の保健師がある程度の自信を示している』とありました。
 
 僕は、この理解不足と自信のずれに怖さを感じます。
 
Commented by 殿父 at 2005-05-11 21:55 x
>jasmine papa 様

過度な競争は弊害を生じかねませんが、サービスの質を維持、向上させるにはなんらかのシステムが必要ですよね。
保健師の業務内容はよくわかりませんが、社会が求めるニーズに応えねばならない職種であることはまちがいありません。
そのニーズの多様化にマッチしていくことも大切なのでは?と考えます。

Commented by 殿父 at 2005-05-11 21:57 x
>シュウウンパパ様

コメントを興味深く読ませてもらいました。
「様子をみましょう」としか言えないのが保健師さんの辛いところでもありましょう。
自閉症スペクトラムに関する調査研究がすすみ、これまでの健診システムでは早期発見度は向上したもののHF-PDDなどは発見されにくいという課題も明確になったようです。
健診システムの再構築と健診マニュアルの変更が求められ始めているのですね。問題はそれにともなう人材育成になります。さてこれをどうするか!
Commented by かうす at 2005-05-11 23:41 x
 殿父さん、こんばんは。
 保健婦さんの自閉症など、発達障害への知識は、この記事どおりかな、と思います。
 1歳時半健診は、以前住んでた地域で受けたのですが、今思えば、その頃から、「自閉症」の症状はありました
 でも、保健婦さんは、うちが双子だったので、『お母さんとの関わりが少ないからだと思います。家で絵本を読んであげたり、してますか?1対1で対応する時間は取れないですか?』など、私の子どもへの関わり方が薄いような事を、かなりキツイ口調で言われ、私が泣き出しても、延々と言われ、付き添ってた主人が怒って、ようやく謝ってはくれたけど・・・。(でも、力にはなってくれませんでした)
 友人の妹さんが、保健婦の資格を持っていて、健診のときだけバイトをしてるのですが、『誰でもできる仕事だよ。チェック項目をたずねて、何個以上だったら、要観察の箱に入れるだけだもん!楽だよ~、それだけで時給¥2000だよ~』と言われ、[こんな仕事内容なの??それも、バイトがやってるの?]と、憤りを感じましたもの。
 これが、実情なんですよね・・・。発達障害を早期発見できるカギを持ってる職業の方たちなんだから、もっと理解をしてほしいな。。。
Commented by 殿父 at 2005-05-12 07:39 x
>かうす様

健診時の保健婦さんの実態がかうすさんのコメント通りだとすると、お母さんは辛いですね。多くの場合、保健婦さんとの面談は1回こっきりなのかな?そのたった一回の健診で子供の実像を把握するというのはすごい仕事だと思います。(間違っていたらご指摘下さい。) 
とくとくと母子関係改善を説かれる経験豊富な保健師さんもおられるでしょう。でもそれは発達障害児の子育て経験ではないですよね、たぶん。
私の知人にも障害児を持つ保健婦さんがおられます。そんな人が健診の担当だったら親が凹むことはなかったかもしれない、とも思います。
ただ、必然的にと言いますか、わが子の一番の理解者であるお母さん方はやがて「なに言ってんだか、素人が!」と保健師を軽くあしらうほどに、ベテランのスペシャルマザーに成長するわけで、なんとも逞しく・・・(笑)
Commented by まさるママ at 2005-05-12 17:18 x
殿父、こんな話題で驚いてはいけません!!

いつだったか(忘れた)アメリカでの自閉症教育についてテレビで放送した事があったんです
そんときに、同居している祖母が
祖母『自閉症は外国人にもあるのか?』
私  『・・・・・・(@_@;)』

その後は御想像にお任せします、あしからず。
Commented by 殿父 at 2005-05-12 22:17 x
>まさるママ様

なんてナイスなお婆様! 目からうろこです。 
そう言えば外国人にもあるんでしたねぇ。 考えたこともなかったです。
お孫さんの、自閉症をしっかりと受け止められているんですね。
家族に関心と理解があるのはとても心強いですね。

もともとコミュニケーションが成立し難い外国人との間では高機能的自閉性障害はあまり目立たないかもしれない・・・(こともないのかな?)
Commented by もん母 at 2005-05-12 22:25 x
こんにちは。
私の親友が保健婦をしております。
彼女は息子がグレーゾーンにいることもあり、知識は『さすが、プロ!』と思うほどでしたが、彼女いわく、『発達障害の知識のない保健婦のほうが多いわよ。私の隣の席の子なんて、ちょっと!???ってくらい何もしらないんだから・・・』とため息ついておりました。
悲しいかな、それが現状みたいです。
私がスルーされてしまった保健婦さんも、検診時のみのパートのおばさんで、知識などあるはずもなく・・・・(涙)
でも、彼女のように、日々頑張っている保健婦さんもいます。今、私がお世話になっている保健婦さんもです。少しづつですが、改善されているのだと思いますです。
我が子が発達障害児の保健婦さんも増えるでしょうし・・・(笑)
色んなところで、急速に理解がなされているようにも思うのですが・・・甘いかな?
でも、まさるママさんのコメントには(爆)
Commented by 殿父 at 2005-05-12 23:33 x
>もん母様

ですよね!がんばってる保健婦さんもたくさんおられます。
現状にマッチした健診体制、言葉の遅ればかりに着目するのではなくてコミュニケーション能力にも今後は視点を置くべきです。
 発達障害者支援法を拠り所にした新・健診体制と子育て特別支援事業のようなものを実施して欲しいと思います。
すでに佐賀県では、全国初、1歳半と3歳半の乳幼児健診時に、親に子供の行動状況を問診(スクリーニング)する態勢などを県内全域で整備するとともに、市町村の保健師らを対象にした問診研修会などの事業費を、一般会計当初予算案に盛り込んでる筈です(ニュースで見た覚えが・・・)。

発達障害児を持つ保健婦さんも教員も増えてくる気配がビンビンします。
ついでに障害児を持つ議員さんも倍増するといいんですが・・・
おっと、失言でした。 理解者が増えて欲しいという意味込めです。失礼。
Commented by 大魔人 at 2005-05-16 16:31 x
初めて書き込みます
養護学校高等部2年生に長男を通わせている父親です

保健婦じゃないけど養護学校の教員についても制度的問題が

朝日新聞
「特殊教育に専門免許、50年ぶり法改正 文科省方針」
http://www.asahi.com/life/update/0515/002.html

少しずつ良くなると期待しています。
Commented by 殿父 at 2005-05-16 22:13 x
>大魔神 様

コメントありがとうございます。大先輩お父さんですね。ようこそいらっしゃいませ。どうぞよろしくお願いします。
総合免許制、ついに正式発表になりましたね。コメントを受け、私なりの意見を記事にしてみました。
<< 春キャンプ一日目 うらやますぃーくらい、髪の毛が... >>