ブログトップ

ぽちぽち ★ 殿父blog

pochi.exblog.jp

スーパーテレビ『我が子は自閉症』 05/01/31

こんな特集は無くなればいいのに。

「わがままな子ども」「しつけがされていない子ども」「ひきこもり」等々
あと何十年待てば自閉症・発達障害が正しく周知・理解されるのだろう・・・

視聴率:12.7%
普通の視聴者はこのうち何%いるのだろう・・・
なんとも心もとない。

自閉症児者が正しく理解されるという意味で市民権を獲得するには
まだまだこのような特集が必要であり、啓蒙にはさらに時間を要するだろう。

自閉症児のありのままの姿がブラウン管に映し出されていた。
誇張も偽装も仕込みもヤラセもなかったと思う。
”他害”のシーンがあった。呆然とする両親。
このシーンだけを見た視聴者が「自閉症児は危害を加える」と思いはしなかったか?少し心配と言えば心配。
”他害”は自閉症児らにとって結果としての限られた表現であって
そこには必ず”他害”にいたるなんらかの理由が存在する(はず)。
けして「自閉症だから危険」だと誤解しないでほしい。
登場した彼は危害を加えたくて行為に及んだのではなく、何かを伝えたかったのだと思う。 伝えたくとも上手く伝えられない、そんな生きづらさを自分で何回も噛んだであろう彼の手のひらが訴えている。
[PR]
by kilala2001 | 2005-02-04 01:14 | メディア見聞録 | Trackback(2) | Comments(3)
トラックバックURL : http://pochi.exblog.jp/tb/1617626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ヘンかわおいしいお役立ち.. at 2005-02-04 03:43
タイトル : 我が子は自閉症*スーパーテレビ
2005年1/31(月)夜10:00-日本テレビ系列で『スーパーテレビ情報最前線/わが子は自閉症 奇跡の子育て奮戦記』が放映されます。2003年7月「自閉症のわが子へ… 奇跡の子育て奮戦記」の続編で、思春期の問題も取りあげているようです。□日本テレビ『スーパーテレビ情報...... more
Tracked from なんでも日記 at 2005-02-04 11:18
タイトル : スーパーテレビの感想
旦那とTonoもまだ起きていたので一緒に見ました。 Tonoは、自閉症の説明のシーンをじーと見ていました。 イラスト付だったのでTonoにも少しわかったようですが「自分もそうだ」とは、まったく思ってないようです。 私が「Tonoも音とか苦手だよね〜」と話しても「あぁ、オレもそうだけどねぇ」ぐらいでした。 (特に意識して、本人に自閉症を分からせようとして見せた訳ではありませんので…あしからず) 岳くんが、「キー!!」と怒っているのを見て「うるさいな〜!」と言っていました。そうなのよね〜…自分が大声を出し...... more
Commented by Rio at 2005-02-04 11:30 x
自閉症・発達障害を理解するのって、ほんと難しいですよね。
私もTonoが生まれるまで、全く知らなかったし、思いっきり誤解してました(笑)
「ひきこもりで暗い子」、自閉症の子とは知らずに「知恵遅れな子」と…。
「かわいそうだなぁ、大変だなぁ」ってね。
でも、Tonoが生まれて、勉強するうちに変わりました。今では以前の自分がとても恥ずかしいです。
メディアの影響ってとても大きいです。
私は、どんどんテレビで取り上げて欲しいと思ってます。(間違った報道は困りますが)そうじゃないと、知らずに誤解している人だらけです。
そして、少しでも理解者が増えることを期待したいですね。

TBありがとうございました♪
私もTBさせてもらいました。よろしくです(笑)
Commented by 発達障害の館より at 2005-02-05 13:18 x
全国各地で発達障害者支援法案に基づき、ここ数年の間に教育現場での人員配備、啓蒙活動などなされるようにあると聞いております。しかし、学校~社会へといった場合、問題山積状態ですね。特殊番組の編集で、
さまざまな障害を経過とともに追っていくと、幼稚園、小学校、中学、高校・・・社会へ、老後・・と、徐々に手はかからななる一方、日常生活の基本をいかにして守るか?これが問題となってきます。番組のなかで、
お父さんが、守られた学校から社会へでなければいけない、ここのとりでをいかにするか?・・、こういった点を一般の方々にもっと知っていただきたいですね。
Commented by kilala2001 at 2005-02-07 00:41
コメント ありがとうございます。
>Rio様 
恥ずかしく思うことはないですよ!みんなそうだもの(笑)
父が自閉症が脳の機能障害だと知ったのは、今をさること十数年前の学生時代でした。図書館で何気にパラパラと読んだ数日後、友に「自閉症って知ってる?」って聞かれて得意気に答えたことを今も覚えています。
今日、ラーメン屋の行列に並んでいたのですが、列を離れて一人で無邪気に踊ったり、かと思うと突然「おにくーっ」と叫び訴える殿を見て、発達障害児と認識した人が行列の中にどの位いるんだろう?知的な遅れは感じられても自閉症の特性は見えにくいんですよね。
火曜日の放送にも期待しましょう (殿父)

>発達障害の館主様
学校生活までは保護されていると思います。卒後否応無く社会にでるのは皆同じですが、障害を抱える者にとっては様々な問題があります。それゆえに親は少しでも早く自立できるようにと頑張ります。本人のQOLをいかに保障していくのか?親亡きあとの本人の事を思うと、絶望すら見え隠れします。誰だっていつ死ぬかわかりません。
「あとはまかせたぞ」って安心して言える日がはやく来て欲しいものです(殿父)
<< サボーターさんと一緒 おお 雪 >>